06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
社会・全般
2016年2月11日(木)9:02

天井の一部剥がれ落下/長間公民館

老朽化でコンクリ片など大量


天井の一部が剥離しコンクリート片などが落下した長間公民館=10日午前

天井の一部が剥離しコンクリート片などが落下した長間公民館=10日午前

 老朽化が指摘されている城辺長間公民館の天井の一部が剥がれて落下し、危険な状態になっている。長間自治会(伊良皆孝会長)はこれまでにも市に建て替えへの資金助成を要請してきた。伊良皆会長は「だんだんと剥離がひどくなっている。これでは、公民館で行事などはできない」と話し、早期建設向け市に協力を求めている。

 長間公民館は本土復帰前の1969年、当時の「弁務官資金」で建設された。建設から40年以上が経過した建物は、老朽化が大きな課題となっている。

 過去にもたびたび天井が剥離し、コンクリート片などが落下していたが、今回のような大量の落下は初めてという。

 敬老会で、子供たちが太鼓を打ち鳴らしてエイサーを踊った時にも、その振動で天井からパラパラとほこりが落ちてきたこともあるという。

 伊良皆会長は「公民館ではいろいろな行事や集まりがある」と住民の活動拠点であることを強調。「住民を危険な場所に集めるわけにいかず、われわれの管理も問われる」と話し、早期の建て替えが必要との認識を示した。

 同自治会では公民館改築期成会(下地明会長)を結成し、2014年12月に下地敏彦市長に助成事業(助成金)を要請した。下地市長は「平成28年度(2016年度)でやる」と明言している。

 自治会によると、現在建設資金を積み立てており、寄付金も含めて約1400万円という。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!