07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2016年2月19日(金)9:03

浜比嘉さんに感謝状/宮古島署

イノシシ捕獲 儀間巡査長には署長賞


瑞慶山署長(中央)から感謝状の贈呈を受けた浜比嘉さん(左)と署長賞の授与を受けた儀間巡査長=18日、宮古島署

瑞慶山署長(中央)から感謝状の贈呈を受けた浜比嘉さん(左)と署長賞の授与を受けた儀間巡査長=18日、宮古島署

 宮古島署の瑞慶山力署長は18日、体長約1㍍のイノシシ捕獲に協力した浜比嘉実さん(58)に「身の危険を顧みず、警察官と連携してイノシシを捕獲した」として感謝状を贈呈した。また、同署下地駐在所の儀間大樹巡査長に「イノシシを捕獲し、人身に対する危険を未然に防止した」として署長賞を授与した。

 浜比嘉さんは「昔の経験から捕獲できると思った。最初に牙を見たときは『子供に向かったら大変』と思い、無我夢中で捕まえた。確保したときはホッとしたのと『やった』という気持ちになった」と捕獲時を振り返った。

 儀間巡査長は「地元の人の協力がなければ捕獲は難しかったと思う」と、浜比嘉さんの協力に感謝した。

 儀間巡査長は11日午後6時すぎ、地元の人から「イノシシがうろうろしている」との情報を得て探し、与那覇地区コミュニティーセンター(通称・与那覇公民館)の敷地で発見した。イノシシの牙を見て「一人では無理」と考え、本署(宮古島署)に応援を要請。同署にも午後6時30分ごろ110番があり、パトカー2台と警察官4人がすでに現場に向かっている途中だった。儀間巡査長は「さすまた(刺又)」を使って、浜比嘉さんとの協力で生け捕りにした。

 捕獲されたイノシシは宮古島署に搬送され、翌12日朝、無事飼い主に返されたという。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!