07/15
2024
Mon
旧暦:6月9日 友引 己 
社会・全般
2016年3月4日(金)9:03

宮古島海保に潜水士配置/11管区海上保安本部

潜水指定船「なつづき」配備


宮古島海上保安署に配備される巡視艇「なつづき」

宮古島海上保安署に配備される巡視艇「なつづき」

 第11管区海上保安本部は3日、宮古島地区の救難体制強化で巡視艇の配置替えを発表した。4月1日に石垣海上保安部所属の巡視艇「なつづき」(潜水指定船)を宮古島海上保安署に、宮古島海上保安署所属の巡視艇「やえづき」を石垣海上保安部に入れ替える配属替え。「なつづき」は乗員10人のうち複数人の潜水士が乗船している。この配属替えで同管区内の沖縄本島、石垣、宮古の全ての地区に潜水士が常時配置される。



 宮古島海上保安署の山本雅司署長は「潜水士は救難活動のプロフェッショナル。消防との連携で、沿岸部の救難体制が強化される」と述べた。民間のダイバーとの救難訓練も可能になると期待されている。


 巡視艇「やえづき」と「なつづき」は同型船で船型30㍍型で総トン数は100㌧。昨年4月、石垣航空基地に機動救難士9人が配備され、石垣地区における救難体制の強化が図られたことに伴う配属替え。


 これまで宮古島で海難事故が発生し、石垣航空基地に潜水士の派遣を要請すると、石垣からのヘリの滞空時間だけでも約40分が必要。潜水指定船「なつづき」の配備で、万が一、海難事故が発生した場合、潜水士が迅速に対応できるようになる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!