06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
スポーツ
2016年3月20日(日)9:03

陸上の基礎や技術指導/県身障者陸協主催

世界マスターズ金の譜久里氏


速く走るための足の動かし方を指導する譜久里氏(左)=19日、市総合体育館

速く走るための足の動かし方を指導する譜久里氏(左)=19日、市総合体育館

 健常者と障害者が一緒に陸上競技の基礎や技術などを学ぶ「MIX陸上クリニック宮古島」(主催・県身体障害者陸上競技協会)が19日、市総合体育館で開かれた。中学、高校生約30人と義足の男性1人が参加し、2015年世界マスターズ大会400㍍リレー金メダリストの譜久里武氏らから指導を受けた。

 同クリニックでは譜久里氏のほか、譜久里氏が代表を務める地域総合陸上スポーツクラブ「アスリート工房」のコーチスタッフと、今年の名古屋ウィメンズマラソンの車いす大会で2位に入賞した喜納翼氏が指導に当たった。

 譜久里氏は短距離を速く走るための足の動かし方として、片足が地面に接地する時にはもう一方の足の膝がすでに前へ出ている状態でなければならないと説明。腕振りは、スタート時には大きく振って勢いをつけ、スピードが出てからはコンパクトに振るようアドバイスした。

 さまざまある練習メニューを行う時、その練習の意味、狙いを知っておくことが重要と指摘する譜久里氏。「一つ一つのメニューに意味がある。漠然と取り組むのではなく目的を知って取り組むことで速い走りにつながる」と語った。

 クリニックの後半は短距離と跳躍のチームに分かれ指導が行われた。

 同クリニックは当初、市陸上競技場での開催を予定していたが、雨天のため会場を変更して実施された。

 きょう20日は市社会福祉協議会で午前11時から、譜久里氏や喜納氏らがパネラーを務め、地域スポーツ活動の取り組みをテーマに意見を交わすワークショップが開かれる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!