01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
政治・行政 産業・経済
2010年10月30日(土)9:00

「キビの糖度低減する」/年内操業で両工場が見解

 29日、宮古地区農業振興会や5地区のキビ生産組合長がサトウキビの年内操業を沖糖、宮糖の両工場に連名で行った。要請を受けた後、マスコミの取材に応じた宮糖の安村勇社長は「12月と3月のキビの糖度は1度以上違う。金額にして1300円。トラック1台で1万円違うかも知れない」と指摘。沖糖の砂川玄悠専務は、「工場のコスト低減はいかに効率良く操業するかに掛かっている。効率を高めるためには、キビが糖熟した適時の操業に尽きる」と述べ、年内操業では糖度が低減する可能性があると口をそろえた。


 安村社長は「1月に糖度が上がり、3月はもっと上がる。ここで操業を終わりたい」と現状のままが望ましいと指摘。「春・株は10%、残りは夏植え。春・株を30%確保しないと難しい」と述べ、まずは条件整備が必要だとの考えを示した。

 砂川専務は「糖度が高いキビほど砂糖がたくさん出る。糖度の高低によらず10万㌧のキビを処理する経費は変わらない」と説明。年内操業については、「宮古の農家対製糖工場だけの問題ではない。いかにして砂糖制度が守られているかが大事だと思う」と述べ、慎重な議論が必要だとの認識を示した。

 ただ、「キビの生産量を増やして、工場の稼働率を高めれば年内操業にも期待がある」(砂川専務)、「目に見えて株の管理や整備がされていると分かれば、来年からは取り組まないといけないと思う」(安村社長)と述べるなど、農家の意気込みに工場としても応えていく考えは示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!