07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
政治・行政
2016年4月6日(水)9:07

県議選革新系 知事らと一本化協議

亀濱、國仲両氏で調整/奥平氏は不出馬の公算

 任期満了に伴う県議選(5月27日告示、6月5日投開票)宮古島市区(定数2)で、候補者一本化の調整が難航している革新系は5日、関係者が安慶田光男副知事らと一本化に向けた調整を行った。分裂回避に向けて、以前から出馬の意向を示している市議の亀濱玲子氏(62)と市議会会派21世紀新風会から白羽の矢が立った市議の國仲昌二氏(55)の2人に絞った協議を進めた。現職の奥平一夫氏(66)は不出馬の公算。

 これまでの一本化調整は、出馬に強い意向を示していた奥平氏側と亀濱氏側の主張が衝突し、交渉は暗礁に乗り上げていたが、今月に入り國仲氏が浮上したことで事態が一気に動き出した。

 國仲氏浮上後、21世紀新風会と奥平氏が國仲氏出馬に向けた各種調整を図り、奥平氏が2日、亀濱氏側に國仲氏での一本化を投げ掛けたが不調に終わった。

 関係者によると5日は、奥平氏と國仲氏、亀濱氏の支持者らが那覇で翁長雄志知事サイドの関係者と一本化に向けた瀬戸際の協議を行った。
 今回の一本化調整は、知事サイドから「分裂選挙ではどちらの候補にも応援できないし『オール沖縄』の候補として選挙に挑む必要がある」との意向が示されたことを受けて行われた。

 さらに、保守系が現職の座喜味一幸氏(66)=自民=と前市議の嘉手納学氏(50)が正式に出馬を表明している中、「選挙後のしこり回避」を目的に、指示する市議を振り分けて選挙戦を展開するとの報道を受け、危機感を募らせている。

 一方の國仲氏への出馬要請を決定している21世紀新風会だが、今回の一本化に向けた動きを見極めた上で、今後の姿勢を改めて判断する見込み。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!