06/25
2022
Sat
旧暦:5月27日 先勝 己 
政治・行政
2016年4月23日(土)9:04

25日から埋め立て工事/平良港整備

1日250台のダンプで土砂運搬

 平良港埋め立て工事の土砂運搬が25日から始まる。来年3月下旬まで、約70万立方㍍の土砂が保良鉱山や鏡原鉱山跡などからダンプトラックで運び込まれる。工事を発注する沖縄総合事務局平良港湾事務所によると、土砂を運ぶダンプの台数は1日当たり延べ約250台で、各鉱山と埋め立て地を往復する。同事務所と、同じく発注者の市建設部港湾課では、多くのトラックが市内の国道や県道などを通行することから、市民の協力を呼び掛けている。

 第2と第3埠頭(ふとう)の間を埋め立てて、耐震岸壁を整備する。埋め立て面積は、国が直轄する部分と市の担当分を合わせて約6・3㌶。水深約9㍍。2016年度事業費は約7億円。

 埋め立て工事は、土砂運搬を含めて来年9月末を予定。同年12月には供用開始を目指す。

 平良港湾事務所の生巣武所長は「この事業は宮古圏域の市民生活と産業に重要な工事。工事期間は協力してほしい」と理解を求めた。

 工事は平良港における大型クルーズ船受け入れ態勢の環境改善を図ることが目的。

 12年度から「漲水地区複合一貫輸送ターミナル改良事業」として実施し①大型船離接岸時の横風の影響低減②安全で効率的な荷役作業の実現③大規模地震発生時の緊急物資の輸送確保-を目指す。平良港湾事務所によると、総事業費は国と市分を合わせて約60億円。

 平良港は、冬季季節風の影響を受けやすく、10㍍を超える風が吹くと定期貨物船が接岸できない。

 ちなみに、2010年における平良港での定期船就航率は88・8%で、石垣港など類似離島港の90%台に比べて低い。

 また、くし形の埠頭で水域が狭く、定期貨物船の大型化への対応が課題となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!