06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
産業・経済
2016年5月7日(土)9:05

キビ搬入量34万5000㌧/宮古地区

前期比2万2800㌧増/15-16年産 宮糖伊良部最後に終了

 宮古製糖伊良部工場の原料搬入が6日、終了した。これで宮古、多良間の2015-16年産サトウキビの各工場別実績がまとまった。4工場(沖糖宮古、宮糖城辺、同伊良部、同多良間)の総搬入量は34万5071㌧となり、前期(32万2206㌧)を2万2865㌧上回った。気象条件に恵まれず、平均糖度は宮糖多良間で基準糖度帯(13・1度~14・3度)を下回ったが、宮糖伊良部は基準糖度帯を突破、同城辺、沖糖でも基準糖度帯に達した。

 長雨の影響でハーベスターが畑に入れず、各工場とも計画通りの原料確保ができない状況が続いた。操業期間の延長を余儀なくされるなど、雨天続きの原料確保が改めて課題となった。

 今期の原料搬入最後となった宮糖伊良部工場は、生産面積の増などで、当初は5万8150㌧を見込んでいたが、台風や塩害などで前期を2476㌧下回る5万5674㌧で搬入を終えた。

 平均糖度は14・52度と、他の工場に比べて高糖度を記録。基準糖度帯以上が57・2%を占めた。

 同工場は昨年12月14日から操業をスタート。3月末までの110日間を計画していた。しかし、長雨の影響で、計画通りの原料確保ができず、工場のラインを数日間止めたことなどから約1カ月間伸びた。

 収穫の内訳はハーベスターが全体の48%、手刈りが52%だった。

 同工場の宮国博文農務課長は「台風の襲来が例年に比べて早かったことで折損が見られた。また、台風が雨をもたらさなかったことで塩害があった」と見込み量を下回った要因を話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!