02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
政治・行政
2016年5月21日(土)9:02

配備予定地を視察/陸自駐屯地

野党市議ら 「調査は必要」と訴え


市議4人と市民団体のメンバーが参加した視察=20日、陸上自衛隊駐屯地の建設予定地

市議4人と市民団体のメンバーが参加した視察=20日、陸上自衛隊駐屯地の建設予定地

 新城元吉、上里樹、國仲昌二、亀濱玲子の4市議と市民団体のメンバーらは20日、沖縄防衛局の陸上自衛隊駐屯地建設事業計画における各施設の建設予定地を視察した。

 視察には市上下水道部の職員が同行し、地下水流域や、駐屯地の建設場所などについて説明した。

 視察後、市議からは「今回の視察で、境界線について、もっと詳細な調査をしないと厳密な水源流域を判断することはできないことが分かった。防衛局の修正図面で流域を外れたとは言えない」と訴えた。

 さらに、防衛局から示された修正図面だけで下地敏彦市長が「地下水流域外なので地下水審で事前協議する必要はない」と判断したことについては「下地市長の判断は乱暴。しっかり調査しないと地下の層がどうなっているか分からない。予想よりも広がっている可能性もあるし、市長が流域外と断定する資格はない」と述べた。

 そのほかにも「地下水審の学術部会でも断層や空洞の存在が指摘されているので、これからしっかり調べてほしい。今回の視察でこの地区にミサイルが配備されることは決してあってはならないという思いを強くした」などの意見が聞かれた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!