06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
イベント
2016年5月26日(木)9:02

バスとソプラノで魅了/ひまわりの会コンサート

宮古民謡やオペラなどを披露したひまわりの会ふるさとコンサート=25日、市内ホテル

宮古民謡やオペラなどを披露したひまわりの会ふるさとコンサート=25日、市内ホテル

 声楽家の伊江朝明氏の門下生で構成する「ひまわりの会」のふるさとコンサートが25日、市内ホテルで行われた。宮古民謡やカンツォーネ、オペラなどをピアノに乗せて、男性のバスや女性のソプラノで披露。梅雨時期のうっとうしさを吹き飛ばすような爽やかな歌声が観客を魅了した。

 出演したのは、宮古出身の大田京子さん、真榮城孝さん、山内正枝さん。奥平めぐみさんがピアノで伴奏した。

 プログラムは2部構成で、第1部は宮古民謡や八重山出身の音楽家、宮良長包の曲などで構成。真榮城さんがオペラ風の「なりやまあやぐ」でオープニングを飾ると、山内さんは母親がよく歌っていたという宮古の子守歌「ばんがむり」で会場を優しく包み込んだ。

 赤のドレスで登場した大田さんは、実ることなく終わったひと夏の恋を歌った「宵待草」を表情豊かに披露し、大きな拍手を受けていた。

 第2部の幕開けは、奥平さんがショパンのピアノ独奏曲「幻想即興曲」で観客を引き付け。3人は中国を舞台にしたイタリアオペラ「トゥーランドットより『お聞きください王子様』」、耳馴染みのあるナポリ民謡「オ・ソレ・ミオ」、恋人に贈るセレナーデともいわれる「泣かないお前」などを情感たっぷりに歌った。

 観客らは、歌が終わると「ブラボー」と称賛の声を上げたり、休憩時間にはコーヒーとケーキを囲んで音楽の話に花を咲かせた。

 参加した女性は「親しみやすい歌が多く、楽しい時間が過ごせた。年配の人たちが多く、懐かしい歌に当時を重ねている様子だった」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!