07/18
2024
Thu
旧暦:6月12日 大安 壬 
政治・行政
2016年6月23日(木)9:07

金城、島尻、伊波氏立候補/沖縄選挙区

経済、辺野古移設問題など争点/7月10日投開票

 【那覇支社】第24回参議院議員選挙が22日公示され、18日間の選挙戦に突入した。沖縄選挙区(改選1)に届け出たのは、届け出順に新人で幸福実現党県本部副代表の金城竜郎氏(52)、3期目を目指す自民党公認・公明党推薦の現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)、無所属の新人で「オール沖縄」を掲げる元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)の3人。投開票日は、7月10日。

 各候補者は、県選管に立候補を届け出た後、那覇市の目抜き通りで出陣・出発式を行い、熱い選挙戦をスタートさせた。

 今回の参院選では、沖縄振興のあり方や普天間飛行場の辺野古移設問題、米軍関係者の事件・事故を抜本的に減らす方策が主な争点になるとみられる。宮古を含む先島地区への陸上自衛隊配備についての議論も注目だ。安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の評価や憲法改正についても、活発な議論が期待される。

 県選管によると、21日現在の選挙人名簿登録数は、宮古島市で男性2万1676人、女性2万2179人の計4万3855人。多良間村では男性467人、女性388人の計855人。

 選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられる初の国政選挙となり、県内の新有権者らの動向も注目される。

 期日前投票の期間は23日から7月9日。宮古島市は市役所平良庁舎1階ロビー、多良間村は多良間村役場1階会議室で投票できる。時間は、午前8時30分から午後8時まで。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!