06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
産業・経済
2016年6月28日(火)9:04

455万円の黒字計上/宮古島漁協総会

経営環境は好転


活発な意見が交わされた総会=27日、宮古島漁協

活発な意見が交わされた総会=27日、宮古島漁協

 宮古島漁協(渡真利一夫組合長)は27日、通常総会を開いた。正・准組合員らが参加し、2015年度貸借対照表・損益計算書など11議案を承認。454万9000円(税引前当期利益)の黒字を計上し、累積赤字2375万円は1920万円に圧縮した。車エビ養殖の自営事業総利益2659万円が経営環境を好転させた。16年度収支決算では、累積赤字は解消されると予想している。

 冒頭、渡真利組合長は「私なりに総括した場合に、ひたすら勉強した1年だったような気がする。そういう中において、平成27年度は454万9000円の利益決算となった。これは歴代役員、職員はもとより組合員の協力のたまものと感謝している。そして関係団体、関係系統の支援、指導のおかげだと改めて感謝を申し上げる」と述べ、なお一層の経営安定化に向け、決意を新たにした。

 業務報告書によると、車エビの安定生産及び経費節減、魚病発生等にも十分な対応ができた。市場価格も安定したことから収益計画583万円に対し、実績2659万円と大幅な収益増が図れた。

 その他の議案は▽定款の一部変更について▽共同漁業権第22号に伴う岩礁破砕の同意及び漁場汚染防止協定の締結について(久松漁港赤浜地区防砂堤整備事業)▽池間大橋下部工補強工事について-など。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!