07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
社会・全般
2016年6月30日(木)9:05

方言カレンダーを製作/来間島大学が市教委に寄贈

宮國教育長(左)にカレンダーを手渡す砂川理事=29日、市役所城辺庁舎

宮國教育長(左)にカレンダーを手渡す砂川理事=29日、市役所城辺庁舎

 NPO法人来間島大学まなびやーはこのほど、宮古方言の日めくりカレンダー「心に響く宮古口(みゃーくふつ)カレンダー」を完成させた。同法人の砂川葉子理事が29日、市役所城辺庁舎に宮國博教育長を訪ね、カレンダー完成を報告するとともに、市内小学校全クラス分を寄贈した。

 同カレンダーは、方言の継承、習得の必要性を感じた同法人が教育現場や家庭で気軽に使える方言教材として、コザ信用金庫の「コザしん地域振興基金」の助成を受け製作した。

 製作に当たっては市内の小中学校や各地の公民館で標語やスローガンとして使われている宮古方言を調査し、40個の言葉を集めた後、その中から「スナカギ クガニ」(素直な心が宝)や「ンマリャーピトゥスマ スダッツアームムスマ」(生まれは一島 育つは百島)など31個を選び、1日に一つの宮古方言を紹介するカレンダーを完成させた。

 城辺庁舎教育長室を訪れた砂川理事は「宮古各地で使われている言葉を集めた。これが宮古方言での会話のきっかけになるとうれしい」と言ってカレンダーを贈った。宮國教育長は「宮古の言葉には良い言葉がたくさんある。カレンダーにすることで記録として残る。大変な仕事だったと思う。ありがとう」と謝意を伝えた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!