07/18
2024
Thu
旧暦:6月12日 大安 壬 
産業・経済
2016年8月17日(水)9:02

豊作期待し汗/農家

炎天下でキビ夏植え


サトウキビの苗の植え付け作業に精出す男性=16日、城辺新城

サトウキビの苗の植え付け作業に精出す男性=16日、城辺新城

 宮古のサトウキビ農家は夏植えのシーズンを迎えた。今年は雨も適時に降っていることから植え付け作業が始まっている。旧盆中ではあるが植え付けを行う農家もおり、これから9月末まで作業が進められる。

 今年のサトウキビ栽培は、関係機関による春植えや株出しの奨励もあって、夏植え面積は近年に比べて縮小気味ということだが、基幹作物だけに夏植えシーズンを迎えた各地の畑では、旧盆中にもかかわらず整地や苗づくりに精出す農家の姿が見られ、中には早々と植え付け作業を進める光景も見られた。

 城辺新城の畑では16日、麦わら帽子を目深にした男性(43)が、炎天下で汗だくになりながらも黙々と畝に沿って苗を並べていた。今年の作業について男性は「少し早めで15日から始めた。3カ所の畑全部で80㌃ほどだが、あすには息子たちも手伝ってくれる予定なのでほどなく終えられると思う。土地改良事業が数年後に予定されているが、それが進めば水も安定して供給されるし、生産向上を期待している」と語りつつ、作業の手を進めていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!