07/06
2022
Wed
旧暦:6月8日 先勝 庚 
政治・行政
2016年9月3日(土)9:02

「ヘリポートなし」に安堵/千代田陸自配備

若宮副大臣の説明に市長


若宮副大臣による説明後、マスコミの質問に答える下地市長=2日、市役所平良庁舎

若宮副大臣による説明後、マスコミの質問に答える下地市長=2日、市役所平良庁舎

 若宮健嗣防衛副大臣から2日、千代田カントリークラブへの陸上自衛隊部隊の施設配置案について説明を聞いた下地敏彦市長は同日、マスコミの取材に応じ、ヘリポートやミサイル本体が含まれていないことに安堵感を表明。断念が伝えられた旧大福牧場への駐屯地配備計画の代替地については今後、防衛省から候補地が示された時点で関係法令に照らし受け入れの可否を判断する考えを示した。

 下地市長は若宮副大臣から配置案を聞いた際、「安心した」との感想を示した。その真意について「千代田はこれまで、ヘリポートが作られるのではないかとかミサイルが配備されるのではなどと言われていたが、今回の説明でそういうものが一切ないことが分かり、そういう意味で良かった、安心したと言った」と説明した。

 配備に反対している千代田と野原の自治会への対応としては「具体的な情報が防衛省から伝わっていない状況で反対理由が出てきている。具体的な説明を聞いてもらってから話し合いに応じたい」との方針を述べた。

 旧大福牧場への配備計画の代替地については「防衛省としてはいろいろと候補地を探すと思う。適地を探し、ここはどうですかとなれば関係法令と照らして判断する。私から積極的にここがいい、あそこはだめと言うことはしない」との見解。判断基準などについては「具体的にはこれから考える」としながらも「議会やいろいろな団体から意見を聞き、その上で私が総合的に判断する」という。規模に関しては従来計画にこだわるものではなく「防衛に必要最小限の機能を持っていれば良いと思う」との考えを示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!