06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
教育・文化
2016年9月11日(日)9:06

棒振りで島の繁栄祈願/来間ヤーマスプナカ

雨乞い座で盛大に祝宴


五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を願って勇ましい棒振りを披露するスムリャーの男性ら=10日、来間島の雨乞い座

五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を願って勇ましい棒振りを披露するスムリャーの男性ら=10日、来間島の雨乞い座

 下地来間島の伝統行事「ヤーマスプナカ」は2日目の10日、「雨乞い座」と呼ばれる広場で、3兄弟の一族が棒振りを披露するなど、盛大に祝宴を催した。地元の人たちや郷友会のメンバーらも駆け付けて五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を共に願った。

 心配された雨も上がり、午後2時ごろには雨乞い座にそろいの衣装を着た老若男女が集合した。

 3兄弟の長男スムリャーブナカ、次男ウプヤーブナカ、三男ヤーマスヤーブナカの順に勇ましい棒振りが披露されると、地元の人や観光客から大きな拍手が沸いた。

 華やかな衣装に身を包んだ女性たちも、優雅な踊りを披露。来間小学校の児童5人も息の合った太鼓演舞で祭りに花を添えた。

 踊りは約1時間30分続き、最後は参加者全員でクイチャーを踊って締めくくった。

 300年の歴史があるといわれるヤーマスプナカ。この日は、島を離れた人たちも駆け付けて、大いににぎわった。

 冒頭、あいさつした来間得良部落会長は、少子高齢化で島の人口は年々減少している状況を指摘。その上で「我々はこの島の伝統文化を引き継ぐ義務がある。心を一つにすることで、来間島は水の流れのごとく隆々発展する」と述べた。

 在沖来間郷友会の洲鎌武夫会長と、八重山在来間郷友会の砂川純一さんは「ふるさとの先輩たちが島を守って発展させていることを実感した」と共に喜びのあいさつを行った。

 今年4月に来間小に赴任した砂川茂和校長は「こんなに多くの人が参加するとは。出し物も多くてびっくりした」と話した。

 同校は、地域とのつながりを深めるため、島の伝統行事の「ムスヌン(害虫払い)」「ヤーマスプナカ」「敬老会」には全児童が参加することになっているという。

 千葉県から観光で訪れ、地元の人たちと一緒にクイチャーを踊った松井勇太さん(23)は「島全体で祭りを盛り上げているのが分かる。良い思い出ができた」と笑顔だった。

 今年は喪中の家が多いため、パレードは中止にしたという。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!