06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
政治・行政
2016年9月13日(火)9:04

市政への関心7割/人件費抑制の声多く

第2次市総合計画 市民アンケート結果


市民アンケート結果

市民アンケート結果

 宮古島市がこのほど、第2次市総合計画の策定に当たって実施した市民アンケートの結果(速報値)を公表した。市政に関する問いでは、「大いに関心あり」「やや関心あり」と答えた人が全体の67・1%に上った。行財政改革では、組織のスリム化と人件費の抑制を求める声が最も多かった。



 第2次総合計画に生かすアンケートは今年6月に行った。調査対象は市内在住の18~80歳の市民3000人で、地域別に案分して無作為に抽出した。このうち511人の回答(回収率17%)があった。


 市政に関する質問では「大いに関心あり」が全体の28%、「やや関心あり」が39・1%だった。「どちらでもない」は17・6%、「あまり関心なし」「まったく関心なし」は計12・2%だった。


 行財政改革で取り組むべき点を二つ選択するよう質問したところ、「行政組織をスリム化し、人件費等を抑制する」と答えた人が185人(36・2%)と最も多かった。


 次いで「民間の経営感覚を見習い、経費を節減する」との回答が150人(29・4%)、「市の助成金、補助金の制度を見直す」という意見は140人(27・4%)だった。


 行政や政策を評価する制度の導入を挙げる人も多く(66人、12・9%)、抜本的な行財政改革を求める市民の意向が浮き彫りとなった。


 アンケートではこのほか、生活環境や教育、福祉に関する質問も行った。


 「住みやすさ」に関する質問では「とても住みやすい」が31・1%、「やや住みやすい」が43・2%で、多くの市民が住みやすさを感じていることが分かった。


 自然の豊かさや気候の良さ、住環境などを住みやすさの理由に挙げる市民が多い半面、「安定した職場」に関する問いには「あまり当てはまらない」という回答が28・8%と最も高かった。雇用環境の向上を求める市民の声を裏付けた。


 家庭におけるエコの取り組みについても質問した。「実践していない」と「なるべく実践」が%前後で拮抗し、「たまに実践」(20・4%)、「いつも実践」(11・9%)の順だった。


 環境関係では、市民の満足度指数を出した。▽地下水の保全▽美しい海や海岸の保全▽景観の保全▽再生可能エネルギーの導入▽まちの花と緑を増やす-の5項目に関する満足度を聞いたところ、「どちらでもない」とする回答が最多となり、「とても満足」「やや満足」を上回った。


 満足度指数が著しく低かったのが「不法投棄ごみの処理」。「とても不満」の回答が511人中218人(42・7%)に上った。「やや不満」が127人(24・9%)で続き、市民の不満が数字で示された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!