03/22
2023
Wed
旧暦:2月1日 友引 己 
政治・行政
2016年9月28日(水)9:01

市「特約であり問題ない」/観光プロモ事業

8割の前払い金/市議会一般質問


 2014年度に一括交付金を活用し、3700万円を計上して「お台場新大陸2014」に宮古島のブースを設置した観光プロモーション事業について、仲間賴信氏が「市の条例では前払い金については40%を超えて支払わないことになっているが、同事業を受注した『宮古島まちづくり研究会』に対し、市は事業費の80%を事業実施前に支払っていた」と指摘し、その理由を求めた。



 これに対して垣花和彦観光商工局長は「公共工事については前金払いの規定がされているが、今回の事業はソフト事業で委託業務。公共工事ではないので同規定は適用されない。さらに、市の会計規則についても今回のケースは『特約』として契約書の条項に前金払いの割合を定めているので問題はないと認識している」と説明した。


 さらに仲間氏は、伊良部の小中一貫校の新校舎建設予定地が白紙撤回される原因となった渡口の浜に隣接する市有地の売却問題について、同研究会のメンバーの1人が関係していることや、その人物と下地市長が売却に向けた行動を一緒に展開したことなどを指摘しながら今回の契約のあり方について危険性と疑問を呈した。


 これに対して垣花観光商工局長は「事業者の当時の代表者が宮古島観光協会の役員であり、数多くのイベント等にも携わって成功させているので心配していなかった」と説明した。


 しかし、事業実施当時の同研究会代表理事は、これまでの本紙の取材に「正直、私はほとんど何もしていない。お台場の事業についても『別でやるから』という話で私は抜けていたと思っている。中心となっていた人物(仲間氏が市長と密接な関係と指摘する男性)はフジテレビとパイプがあるらしく、事業化に向けては東京サイドで彼がやっていた。お台場の事業は、現場をちらっと見たぐらい。決算も見た記憶はない」との見解を示している。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年3月18日(土)8:57
8:57

23人が公認ガイドに/SUP協

講習会受講者を認定   宮古島スタンドアップパドル協会(長濱健治会長)の第3回SUPガイド認定講習会が16日、伊良部の佐和田の浜で開かれた。市内のマリン事業所のスタッフら23人が受講し、全員が公認ガイドに認定された。

2023年3月14日(火)19:25
19:25

【動画】「さんしんの日」、沖縄宮古民謡協会の皆さんを取材しました

「さんしんの日」に、沖縄宮古民謡協会の皆さんを取材しました。 参加者は約80名で大いに盛り上がりました! 島の文化を大切になさっています! 動画で楽しんでくださいね! (紙面は3月5日2面に掲載) HP記事はこちらです!

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!