07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
イベント
2016年10月28日(金)9:07

ウチナーンチュ大会開幕

海外から7200人が参加/30日まで多彩なイベント


開会式に参加した世界のウチナーンチュで熱気に包まれたスタンド=27日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇

開会式に参加した世界のウチナーンチュで熱気に包まれたスタンド=27日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇

 【那覇支社】5年に1度の県系人の祭典、第6回世界のウチナーンチュ大会(主催・同実行委員会)が開幕した。27日夕、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で開会式が催され、海外からの参加者約7200人を含む約1万6000人がスタンドを埋め尽くした。

 開会式は、県立芸術大学の学生や一般参加者ら約1000人による、三線大演奏で幕開けし、花城舞さんの大会テーマソング「結~心届く~」が披露された。沖縄ボーイ・ガールスカウト連盟の隊員が持つ国旗や県旗が入場し、28の参加国・地域をそれぞれ紹介した。

 主催者あいさつで、翁長雄志知事は「私たちは皆、アジアの海で縦横に船を走らせた琉球の民の末裔であり、その万国津梁の精神はウチナーネットワークという形をとり、時空を超えて今日まで継がれてきた。本大会では世界に誇る薫り高き沖縄独自のソフトパワーの魅力を、さまざまなイベントを通して世界中に発信していきたい」と述べ、歓迎の意を表した。

 海外県人会を代表して、ブラジル県人会の島袋英喜会長は「故郷沖縄に参集して出会いを大切にし、絆を深め合うウチナーンチュの熱い心の交流を通じて、改めてチムグクルを実感し、ウチナーンチュの子息である自分自身を心の底から誇りに思う」と述べた。

 「ウチナーの躍動・感動世界へ響け!」を合い言葉に、世界26カ国2地域の県系人が母県沖縄に集結した。日本有数の移民県である沖縄では戦前戦後を通じ、多くの県民が海外へ移住し、現在では北・南米をはじめ世界各地に約40万人の県系人が在住する。同大会では30日までの期間中、沖縄と世界の絆を確認し合う「しまくとぅば語やびら世界大会」(28日)や「世界若者ウチナーンチュサミット」(29日)、「エイサーEXPO2016」(30日)など多彩なイベントが催される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!