07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
教育・文化
2016年10月30日(日)9:04

方言の継承発展誓う/市文化協会

普及功労賞受賞祝賀会


普及功労賞の受賞を祝うとともに、宮古方言の継承発展に向け、関係者が決意を新たにした祝賀会=28日、市内レストラン

普及功労賞の受賞を祝うとともに、宮古方言の継承発展に向け、関係者が決意を新たにした祝賀会=28日、市内レストラン

 「県しまくとぅばの日に関する条例」制定10周年記念イベントで、県から団体の部の普及功労賞を受けた宮古島市文化協会(大城裕子会長)の受賞祝賀会が28日、市内のレストランで行われた。

 祝賀会には下地敏彦市長や宮國博教育長のほか、関係者が訪れ、同協会のメンバーとユネスコ(国連教育科学文化機関)から消滅の危機にあると認定されている宮古方言の継承発展に向けて決意を新たにした。

 あいさつで大城会長は「県から普及功労賞を受賞できたのも長年、宮古方言の継承活動を展開してきた先輩たちのおかげ。方言は島の根っこ。その木に新しい文化の実をつけるためにこれからも私たちの活動を継続していきたい」と抱負を述べた。

 来賓あいさつで下地市長は「地域で生きる私たちの感情を表す言葉は島言葉が一番。その継承発展のために市としても皆さんと一緒に頑張りたい」と述べた。

 また、宮國教育長も方言であいさつ。方言札で標準語で話すことを求められた少年時代の話や、今回の功労賞表彰に至るまでの経緯について笑いを交えて紹介した。

 そのほか、舞台では各種余興も行われ、宮古方言を次の世代にしっかりと受け継ぎ、その魅力を島内外に広くPRすることを誓った。

 同文化協会の受賞の理由としては、長年にわたる「鳴りとぅゆんみゃ~く方言大会」の継続開催が大きく評価された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!