06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
政治・行政
2016年11月18日(金)9:06

下地晃氏が出馬の意向/市長選

市民本位、中道的立場を強調


下地晃氏

下地晃氏

 来年1月22日の宮古島市長選挙で、革新勢力の選考委員会(下地学委員長)が候補者として擁立を決定した医師の下地晃氏(62)が出馬する意向であることが分かった。下地氏は17日、宮古毎日新聞の取材に「与野党の枠を超え、市民の声に広く耳を傾けながらの市政運営に努めたい」と述べ「市民本位」「中道的立場」を強調。「私はどの党派にも属していない。市民的な立場で立候補したい」と語った。下地委員長は同日、「われわれも全力で頑張っていくことを確認した」と述べた。今月25日にも正式に出馬を表明する考え。



 下地氏は16日に行われた選考委に自ら出席し、冒頭、候補者に選考されたことに礼を述べるとともに、委員に出馬する意向を伝えたという。


 下地氏は本紙の取材に「翁長県政と連携し、オール沖縄で建白書の実現に向けて取り組む」などが明記された「選考基準」を「順守する」と委員会に伝えたとしながらも「全面的にオール沖縄のスタンスに立つわけではなく、是々非々の立場で取り組んでいきたい」と述べた。


 下地氏は、前県議の奥平一夫氏が17日に出馬の意向を示したことについては「現時点では(出馬する意向に)変わりはない」と語った。


 下地氏は1953(昭和28)年生まれ。宮古島市城辺比嘉(加治道)出身。台湾・中国医薬大卒。琉球大学付属病院、県立八重山病院で勤務した後、92年に城辺中央クリニックを開業した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!