06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
イベント
2016年11月20日(日)9:07

すぐりむぬ 一堂に/産業まつりが開幕

屋内練習場できょうまで


産業まつりが開幕。初日から特産品を買い求める市民でごった返した=19日、宮古島市民球場屋内練習場

産業まつりが開幕。初日から特産品を買い求める市民でごった返した=19日、宮古島市民球場屋内練習場

 「出会い・ふれあい・感動! みゃーくぬすぐりむぬ!」-。第39回宮古の産業まつり(主催・同まつり実行委員会)が19日、宮古島市民球場屋内練習場とその周辺で開幕した。約70の出店ブースには特産品がずらり。初日から多くの市民や観光客が来場し、島のすぐりむぬ(優れたもの)を買い求めた。産業まつりは20日まで。

 午前10時の開場と同時に多くの市民が来場し、屋内練習場はごった返した。

 会場中央に設置された販売コーナーには、野菜や泡盛、かまぼこ、塩、水、パンといった飲食物のほか畳や木工芸品、化粧品などの特産品が所狭しと並んだ。

 「みゃーくぬ宝物グランプリ2016」に関するブースでは創造性豊かな商品を紹介。姉妹都市である福島県西会津町のリンゴ、新潟県上越市板倉区の米、静岡県藤枝市の椎茸といった特産品も販売された。

 来場した市民は各ブースをゆっくりと回り、試食を楽しみながらお気に入りの特産品を買い求めた。

 会場の周辺も大盛況。魚天ぷらやトウガンパイ、さたぱんびんは飛ぶように売れ、キャベツやネギ、レタス、カボチャといった野菜の苗も大人気だった。

 もぎたてのゴーヤーなど豊富な野菜を販売するコーナーもにぎわった。北海道直送のジャガイモやタマネギ、ニンジンのほか、各種野菜が勢いよく売れた。

 会場一角には就農相談コーナーも。宮古地区農業士会の皆さんが担当した。

 かち割った黒糖を無料で振る舞うブースや、サトウキビの奨励品種を紹介するコーナーも例年同様に多くの人出があった。

 開場式で実行委員会の下地義治会長は「宮古の特産品をはじめ島内外の商品に触れて、その品質の良さを再認識していただける良い機会になる」と話し、期間中の多くの来場に期待を込めた。出店した事業者や生産者には「自社製品の紹介や販売を通して、消費者ニーズに対応した新製品や技術の開発、販路拡大に取り組んでほしい」と一層の生産振興を呼び掛けた。

 宮古の産業まつりは20日まで。開場時間は午前10時から午後5時。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!