06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2016年12月4日(日)9:03

事業開始20周年を祝う/宮古BP

むさしのイミュニティーグループ


ビデンス・ピローサ事業20周年、武蔵野免疫研究所創業30周年を記念して乾杯する参加者=3日、レストランクール

ビデンス・ピローサ事業20周年、武蔵野免疫研究所創業30周年を記念して乾杯する参加者=3日、レストランクール

 宮古島で栽培するビデンス・ピローサ(宮古BP、和名・タチアワユキセンダングサ)を原料にした製品を販売しているむさしのイミュニティーグループ(吉田八束代表)は3日、市内レストランで「島興し!宮古ビデンス・ピローサ忘年会」を開いた。ビデンス・ピローサ事業20周年と、武蔵野免疫研究所創業30周年を記念して開催。吉田代表は「この宮古島で、宮古島の生産者たちと宮古島にしかないものを作ろうと思った。周囲の熱い支援と協力、宮古島の人だからこそできた。これからも健康の礎となる製品を日本、世界へ発信していきたい」と決意を示した。

 忘年会には生産農家のほか、同事業を支援している宮古島市や金融機関など関係者ら約100人が出席。 来賓あいさつで下地敏彦市長は、自身が城辺町助役だった時に話が持ち上がったことを紹介し「これは城辺だけでなく、宮古の新しい起爆剤になると思った」と振り返った。その上で「宮古島特産のビデンスピローサとして、国内だけでなく世界に売り出せば、人々の記憶に残り宮古島に行ってみたいという気持ちになる」と述べ、宮古島を起点としてさらに発展することを期待した。

 琉球銀行宮古支店の古堅雄二支店長は「これからも、宮古ビデンスピローサの飛躍的な販売増加を金融機関としてお手伝いしていきたい」とあいさつした。

 生産農家を代表して友利省三郎さんが「心を込めて愛情を込めて生産している。どうぞ安心して販売してほしい」と話し乾杯の音頭を取った。

 オープニングでは男塾武-Dooが獅子舞とエイサーで景気をつけると、かきのはな宮古民謡研究所が「豊年の唄」や「宮古観光四季音頭」などで盛り上げた。

 同グループが製品化した「宮古BP」は、消費者庁の機能性表示食品として受理され「目や鼻の不快感を軽減する機能がある」との文言の表示が可能となった。県内初で、同社は「20年の研究の成果」としている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!