07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
産業・経済
2016年12月13日(火)9:04

布干堂に新ホテル/日建ハウジング

スポーツテーマに/安全祈願実施


くわ入れを行う(左から)高橋執行役員、黒島社長、新井社長、岡崎社長=11日、平良下里の建設用地

くわ入れを行う(左から)高橋執行役員、黒島社長、新井社長、岡崎社長=11日、平良下里の建設用地

 日建ハウジング(那覇市、新井正樹社長)が平良港下里船だまり(布干堂)に隣接する土地へ建設する宮古島下里ホテル(仮称)の地鎮祭が11日、建設用地で行われた。関係者がくわ入れを行い、工事の安全を祈願した。

 建設計画では同ホテルは地上7階で、客室数は100室。敷地面積は2852平方㍍で、レストランやプール、ジャグジーも整備される。2017年11月竣工、18年初旬の開業を予定している。事業主体は日建ハウジングで、ホテルの運営は沖縄UDS(那覇市、岡崎克彦社長)が行う。

 地鎮祭では宮古神社の神主による神事が行われ、新井社長、岡崎社長、UDS(東京)の高橋佑策執行役員、工事請負者の先島建設の黒島正夫社長がくわ入れなどを行い、工事の安全を祈願した。

 新井社長は同ホテルについて「ビジネスではなくリゾートでもない、その中間ゾーンのホテルと考えている。目の前が海で市街地も近い。宮古島はスポーツアイランドなので自転車やゴルフ、ダイビングなどのアクティビティー層をメインターゲットとして集客を図りたい」、岡崎社長は「スポーツを一つのテーマとして、スポーツを楽しんだ若者らが居心地の良い、ハーバービューの景色が良い部屋で疲れを癒やすようなホテルにしたい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!