07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
イベント
2016年12月18日(日)9:04

漢字1字に思い込め/全国大会プレイベント

はがき筆文字展が開幕/小中高生の作品1009点展示
市中央公民館できょうまで


小中高校生からの応募作1009点が一堂に展示されている=17日、市中央公民館

小中高校生からの応募作1009点が一堂に展示されている=17日、市中央公民館

 2017年宮古島開催が決定している「第1回全国はがき筆文字展」(主催・同実行委員会)のプレイベント「はがき筆文字展~わたしの選んだ漢字1字~」が17日、市中央公民館研修室で開幕。日程はきょう18日までの2日間で、市内の小学1年生から高校3年生までの児童生徒から応募のあった1009点が一堂に展示されている。初日は開会式が開かれ、関係者がテープカットを行い開幕を祝った。



 同展は、応募者が選んだ漢字1字を筆で書いたはがきを展示するとともに、1字を選んだ理由も添えられている。会場には「希」や「時」、「繋」、「夢」、「輪」、「笑」などはがきサイズの用紙に筆で書かれた思い思いの1字を展示。来場者は思いの込められた1字と、選ばれた理由を興味深さそうに鑑賞した。


 開会式では主催者を代表して同実行委員会の伊志嶺亮会長が「パソコンなどの普及で文字離れが進んでいる。身近なはがきを使って筆文字の普及を図ることを目的に、はがき筆文字展を開催する。今回はプレイベントとして募集したところ、たくさんの応募があった。多くの人に見てもらい、筆文字の良さを感じてほしい」とあいさつした。


 来賓として参加した理想教育財団の酒井純司顧問は「今回、今までにない新しいコンセプトの展覧会が開催される。来年の本番もぜひ良い展覧会になることを願っている」。宮古島市文化協会の大城裕子会長は「子供たちがなぜその1字を選んだのか、理由を読みながら楽しみたい」とそれぞれ語った。


 テープカットでは伊志嶺会長、酒井顧問、大城会長、書道支援団体「入木会」の砂川純一会長が紅白のテープにはさみを入れ、開幕を祝った。


 併設展として「はがき新聞展」と「酉年年賀状展」も実施されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!