07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
産業・経済
2016年12月25日(日)9:06

来月11日に操業開始/沖糖宮古

ボイラー工事終え試運転


ボイラー設備工事を終え来月11日から今期操業を開始する沖縄製糖宮古工場=24日、下地上地

ボイラー設備工事を終え来月11日から今期操業を開始する沖縄製糖宮古工場=24日、下地上地

 沖縄製糖宮古工場は24日までに、2016-17年期サトウキビ製糖操業を来月11日に開始することを決めた。大規模なボイラー設備工事は無事完了し、今は試運転を行っている。同社の砂川玄悠専務は「異常もなく順調だ。来月11日の製糖操業に向けて準備を進めていきたい」としている。

 沖糖は前期、年内に操業を開始していたが、今期は大がかりなボイラー設備工事が入ったために年明けの操業開始となった。

 今期の搬入量は15万250㌧を見込む。1日1900㌧圧搾換算で80日間の操業を予定している。

 今期のサトウキビは天候に恵まれて豊作型。台風被害がなく、干ばつ被害も限定的だった。適度な降雨もあり、質、量ともに近年にない豊作が予想される。

 宮古地区では、すでに宮糖伊良部、同城辺、同多良間が操業を開始。伊良部と城辺に搬入されるサトウキビの平均糖度は基準糖度帯に達しており、それぞれ高品質を維持している。

 地区全体の今期生産見込み量は前期比1万8200㌧増の36万3320㌧。製糖工場ごとの生産見込み量は▽宮糖城辺12万6500㌧▽宮糖伊良部6万3820㌧▽宮糖多良間2万2750㌧-と、それぞれ前期を上回っている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!