07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
産業・経済
2016年12月28日(水)9:06

有効求人倍率1.44倍/11月宮古の雇用情勢

3カ月連続で最高値更新/人手不足の状況顕著に


 宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古、知念宏和所長)は27日、宮古管内の月の雇用情勢を発表した。それによると求職者1人当たり何件の求人があるかを示す有効求人倍率は1・44倍となり、10月に記録した過去最高値1・42倍を0・02ポイント上回った。最高値の更新は3カ月連続となる。ハローワークでは「人手不足の状況が顕著になっている」との考えを示す。



 11月の月間有効求人数は1174人で前年同月実績を238人(25・4%)上回った。それに対し月間有効求職者数は181人(18・2%)減の815人だった。求人数が増加し求職者数が減少したことから有効求人倍率は前年同月比0・5ポイント増の1・44倍となり過去最高値を更新。同月の全国の有効求人倍率1・41倍を0・03ポイント上回る結果となった。県全体の有効求人倍率は1・02倍だった。


 知念所長は「(求職者が求める業務内容や労働条件と、募集している事業所の業務内容と労働条件が合わない)ミスマッチの状態で、人手不足の状況が顕著になっている。人材を確保するためには賃金や労働条件、雇用環境の改善が求められる」との考えを示す。


 新規求人数は前年同月比93人(30・8%)増の395人。新規求職申込件数は202件で前年同月実績を4件(1・9%)下回った。就職件数は8件(7・8%)増の110件。内訳は県内就職が107件、県外が3件だった。


 最近は在職者が求職申し込みを行うケースも増加していると話す知念所長。「求人の条件が良くなってきているので、現状より良い条件の仕事を探す人が増えているのかもしれない。事業所は今、働いている人に辞められないような労働環境改善などの対策も検討すべき」との認識を語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!