07/01
2022
Fri
旧暦:6月3日 友引 乙 
産業・経済
2016年12月29日(木)9:04

原料糖を初出荷/宮糖城辺

今期は1万6500㌧予想


初荷の原料糖を載せて工場を出発するトラック=28日、宮糖城辺工場

初荷の原料糖を載せて工場を出発するトラック=28日、宮糖城辺工場

 2016-17年期製糖操業中の宮古製糖城辺工場は28日午前、原料糖を初出荷した。初荷1500㌧を載せた船は29日、神奈川県横浜市に向けて出港する。同工場では今期1万6500㌧の出荷を見込む。初荷式では関係者が陸上、海上の安全輸送を祈願した。

 初荷式が同工場敷地内で行われ、はじめに陸上輸送で使用する大型トラックを塩と酒で清めた。

 安村勇社長は「今期のサトウキビは増産が見込まれており、品質も良い」と近年にない豊作を強調。「初出荷する原料糖は農家の皆さんが作ったサトウキビから取ったもの。小さい粒子が蓄積された大切な1500㌧になる。安全に港まで届けてほしい」と述べた。

 陸上輸送を担う大米建設重機車両部の洲鎌重信部長は「この原料糖は農家の汗の結晶。その結晶を港まで運ぶのがわれわれの使命になる。法令を順守して安全運転し、一粒も落とさずに運びたい」と決意した。

 この後、工場関係者が拍手で見送る中、初荷を載せた大型トラックが一斉に工場を出発した。

 平良港では、海上での安全輸送を祈願する初荷式が行われた後、黄金色の原料糖を船倉に流し込む作業が行われた。周囲には終日甘い香りが漂っていた。

 原料糖の積み込みは29日まで行われる。1500㌧を積み込んだ後、船は同日のうちに出港する。宮糖城辺工場では、今期12万6500㌧のサトウキビ搬入を見込む。質、量ともに豊作になる見通しで原料糖の生産、出荷量も増えることが予想される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!