02/09
2023
Thu
旧暦:1月19日 先勝 戊 
イベント
2017年1月29日(日)9:02

手作り商品を展示販売

ナイスハートバザール


小物などの手作り商品を展示販売した第1回ナイスハートバザールイン宮古島=28日、マックスバリュ宮古南店駐車場

小物などの手作り商品を展示販売した第1回ナイスハートバザールイン宮古島=28日、マックスバリュ宮古南店駐車場

 第1回ナイスハートバザールイン宮古島(主催・一般社団法人県セルプセンター、特別協賛・琉球銀行)が28日、マックスバリュ宮古南店の駐車場で行われた。障がい者を支援する9事業所が参加し、小物や民芸品、農産物、草花などを展示販売した。会場には大勢の市民らが訪れ、商品を手にしながら会話をし交流を深めた。29日まで。時間は午前11時~午後6時。



 障がい者がつくった商品を県民に知ってもらい、一緒に楽しむイベント。働く意欲のある障がい者の工賃アップや販路拡大も目指す。


 沖縄本島では22回開催されているが、宮古では初めて。琉球銀行が協賛金を、マックスバリュが場所を提供した。


 オープニングセレモニーであいさつした金城幸範県セルプセンター理事長は「お客さんに喜ばれる商品がそろっている」と来場を呼び掛け。古堅雄二琉銀宮古支店長は「第1回を盛り上げて、2回3回と続けていければ」、親川伸夫イオン琉球営業本部常務取締役マックスバリュ事業部長は「障がい者が作った商品をみんなで楽しみ、仕事に励ませてほしい」とそれぞれイベントの趣旨を強調した。


 利用者を代表して与那覇ひとみさんは「作品を見て、触って、ゆっくりと楽しんでほしい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月9日(木)9:00
9:00

島の魅力を子々孫々まで/サスティナブルツーリズム連絡会

宮古観光持続へ「約束」策定/島人、旅人、事業者に協力要請   持続的な宮古島観光の実現を目指し、昨年5月に発足した「宮古島サスティナブルツーリズム連絡会」のガイドライン策定発表記者会見が8日、市役所で行われた。会見では座喜味一幸市長ら関係機関の代表が…

2023年2月9日(木)8:58
8:58

Wサーフィン国際大会が開幕

パリ五輪採用のiQフォイル/前浜で5日間最終日に決勝   2024年パリ五輪に採用されたウインドサーフィン競技「iQフォイルクラス」の国際大会「2023iQフォイルゲームス#1・ミヤコジマ・アイランド・ジャパン/iQフォイル・オール・ジャパン・チャン…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!