07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
社会・全般
2017年2月4日(土)9:07

地元就職、採用に期待/適職発見フェア

企業20社、求職者約30人が参加


多くの関係者らが参加し求職者らを激励した=3日、市中央公民館

多くの関係者らが参加し求職者らを激励した=3日、市中央公民館

 宮古島に地域特化した就職説明・面接会「会って、話して、見学できる」適職発見フェアin宮古島市(主催・県)が3日、市中央公民館で開催された。宮古島エリアの多種の企業20社が参加。一般や学生の求職者ら約30人が訪れ、企業担当者から直接、業務内容などを聞き、また職場見学で自分の理想にあった企業を探した。求職者らは、地元就職・採用に大きな期待を込めていた。

 求人おきなわ内にある適職発見プロジェクト事務局が、県から2016年度地域巡回マッチングプログラム事業(沖縄振興特別推進交付金活用事業)の委託を受けて実施した。

 同プロジェクトは、求職者と企業の出会いの場を増やし、採用におけるミスマッチを解消するのが目的。就職説明・面接会の対象は全ての求職者(一般・今春卒業予定の高校生・大学生など)だった。

 求職者が企業との面接前に、専属キャリアカウンセラーがプロジェクターを使って活用説明会を行った。ハローワーク宮古島が昨年12月に発表した11月資料に基づき、求人の多い職種について紹介した。

 「宮古島ではクルーズ船の寄港、航空便の増便に伴い、卸小売業、サービス業など、観光系の求人が増えた。医療・福祉関連職種は、それ以前から安定して求人件数が多い。また事務職は求人件数65件に対し、求職希望者は188人、倍率は0・35倍で狭き門である」と語った。

 また「皆さんの本日の参加目的は、応募企業、職場見学企業と出会うこと。就職に近づく、就職の方法と出会う。笑顔を忘れずに、挨拶ははっきりと元気よく」と激励し、就職の成功に期待を込めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!