07/16
2024
Tue
旧暦:6月10日 先負 庚 
産業・経済
2017年2月19日(日)9:02

11人が通訳案内士に合格

急増する外国人観光客に対応


研修修了証書を手に記念撮影する関係者ら=18日、宮古島観光協会

研修修了証書を手に記念撮影する関係者ら=18日、宮古島観光協会

 県が通訳ガイドを育成する研修事業「沖縄特例通訳案内士」の宮古地区報告会が18日、宮古島観光協会会議室であり、中国語速成コースの資格認定試験に姜力文さんら7人が合格し、英語一般コースの同試験に菊池悦子さんら4人が合格した。合わせて11人が資格を取得。今後、宮古で通訳案内士として活躍する。



 同協会によると、2016年度(4~3月)速報値では、平良港へのクルーズ船の寄港回数は過去最多の86回を数え、観光客は計約12万3000人が訪れた。3月下旬にはクルーズ船が3回寄港を予定しており、寄港回数は合わせて89回、観光客数は合計約13万人に上ると予想している。


 宮古では、今回の資格取得者を含めて同速成コースは計8人、同一般コースは7人となった。


 報告会で、県から事業を受託するチャイナゲートウエイの周文代表は「皆さんは外国人を受け入れる宮古の顔になる。この研修で学んだことを活かし、宮古の良さを十分にアピールできる立派な観光人材として活躍してください」と激励した。


 受講生を代表して同一般コースの菊池さんは「これから皆さんや先輩たちから学びながらお役に立ちたい」と意気込む。


 合格者は次の皆さん。(敬称略)
 【中国語速成コース】姜力文、鮑艶紅、李静、王艶霞、佐藤裕子、狩俣惠吉、狩俣真市

 【英語一般コース】菊池悦子、田村靖子、友利友紀子、廣瀬八重子 


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!