06/30
2022
Thu
旧暦:6月2日 先勝 甲 
産業・経済
2017年3月2日(木)9:06

高需要で機材大型化/ANA

羽田線767型に切り替え


ANA機材として初めて宮古空港に着陸したボーイング767-300型機=1日、宮古空港

ANA機材として初めて宮古空港に着陸したボーイング767-300型機=1日、宮古空港

 高まる観光需要を受け、全日本空輸(ANA)が羽田-宮古線の機材を大型化する。4月以降、通常期はボーイング社のB767-300型機、多客期にはB787-8型機を就航させる。3月中も期間限定で両機材を投入する予定だ。ANAが両機材を宮古路線に就航させるのは初めて。

 ANAは昨年3月、羽田-宮古線を定期路線化(1往復2便)し、737-800型機を就航させた。

 その後の利用率は順調に推移した。同社によると今年2月28日までの平均利用率は速報値で89・7%。この高需要に対応するためには機材の大型化が必要と判断、4月以降の機材を中型機に切り替える。

 767型機の座席数はプレミアム10席とエコノミー260席を合わせて270席。現在の737型機と比較して103席増える。

 多客期に投入していく787型機の座席数は335席(プレミアム12席、エコノミー323席)。現段階では5月4~6日、6月中旬~下旬の週末、7月14日から8月31日までの期間の運航を予定している。

 機材の大型化は座席だけでなく、貨物搭載容量が増える。767型機はLD4コンテナ15台を積む。787型機の貨物容積は767の1・6倍となる。

 4月以降、羽田-宮古線は旅客、貨物ともに利便性が格段に向上する。

 767、787型機ともに3月の就航もある。767は1日に初就航。今後は19日、21~31日の期間に投入される。787型機は18日に初めて着陸する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!