06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2017年4月5日(水)9:06

16年度入域観光客数 過去最高の70万人達成/市、観光協会が発表

前年度比19万人増/クルーズ船、空路直行便増で

 市観光商工局のまとめによると宮古島市への2016年度入域観光客数が70万3054人となり、過去最高を記録した前年度実績51万3601人を18万9453人上回る大幅増を記録した。観光商工局の垣花和彦局長と宮古島観光協会の豊見山健児会長が4日、会見で70万人台の達成を発表するとともに、大幅増の主要因としてクルーズ船寄港数の急増と航空路線本土直行便の増便などを挙げた。

 昨年度、クルーズ船の寄港数は4月から10月までに85回、3月に4回で計89回となり、前年度の14回から1年で75回も急増。来島者数も前年度の1万984人から10倍以上の12万5786人にまで増加した。

 一方、航空路線定期便では従来、日本トランスオーシャン航空(JTA)の羽田-宮古線1往復しかなかった本土直行便に全日空(ANA)が16年3月から羽田-宮古線を新規就航、前年度は期間限定運航だった関西-宮古線を通年就航とし、両社で1日3往復に増便した。9月にはANAが羽田-宮古線を1日2往復に増便したほか、3月には従来機より座席数が103席または168席多い機材を約半月間就航させたことも観光客数増に貢献した。

 チャーター便ではアシアナ航空が1、2月と9月に仁川(韓国)-宮古便を就航させたほか、フジドリームエアラインズ(FDA)は小牧や青森、山形、静岡、広島、高松、鹿児島など東北や中部、中四国、九州の地方空港からのチャーター便を就航させたことも客数増加を後押しした。

 県などが15年度に実施した調査によると観光客1人当たりの観光関連消費額は空路利用者が7万8113円、海路利用者は4万1500円と推定されていて、それを当てはめると16年度の年間消費額は503億1225万円となり、前年度推定の397億1683万円を105億9542万円上回ったと見込まれる。

 観光協会で開かれた会見で垣花局長は「クルーズ船が大幅に増え、空路も機材の拡張などがあり70万人に達するのではとこれまで取り組んできたが、期待通り目標を突破した。FDAの影響も大きいと思う」との考えを示した。

 豊見山会長は今年度について、クルーズ船は前年度を上回る130回程度の寄港が予定されていることや、ANAが6月から10月まで中部(名古屋)直行便を就航させること、JTAは7月に6日間、東京-宮古線を1日2往復に増便させることなどを挙げ「ますますの伸びを期待している」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!