07/14
2024
Sun
旧暦:6月9日 友引 己 
政治・行政
2017年4月8日(土)9:05

問題意識持ち業務を/市研修会

新採用職員に市長講話


研修会で下地市長の講話に耳を傾ける新採用職員ら=7日、市中央公民館

研修会で下地市長の講話に耳を傾ける新採用職員ら=7日、市中央公民館

 市の新採用職員を対象にした研修会が7日、市中央公民館で行われた。講師の下地敏彦市長が、法令などにのっとった公正で誠実な職務の執行を強調したほか、市が進めているプロジェクトを示して「皆さんは、市の大きなターニングポイントの時期に採用された。常に問題意識を持って業務に取り組んでほしい」と話した。
 4月1日付で採用された26人(男性8人、女性18人)が参加した。



 下地市長は「今行っている仕事は、何に基づいているのか、しっかりと確認することが必要」と述べ、法律や市の条例、規則などにのっとり段階的に業務を進めていくことを訴え。「市民のためにどのような行動ができるか、襟を正して仕事に向き合ってほしい」と呼び掛けた。


 「皆さんは、宮古の歴史の中で一番重要な時に採用された。宮古は4、5年後には劇的に変わってくる」と述べ、下地島空港の国際化としての利活用や、大型クルーズ船の拠点港としての整備などを挙げ「世界のいろいろな国から人がやってくる。受け入れ態勢の整備が最大の課題だ」と指摘した。


 完成したJTAドーム宮古島や、着工した未来創造センターが約40億円の建設費だったことを示した上で「市の負担をできるだけ少なくしようと、一括交付金や合併特例債を活用した」と強調。造るべき時期や経済の波及効果、市民の交流の場などを勘案した施設だとした。


 精神的な豊かさを実感できる施策の展開が重要だとし「これから新庁舎や博物館の建設などで施設が充実してくる。そのまっただ中で君たちが活躍できる。しっかりと職責を果たして頑張ってほしい」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!