07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
スポーツ
2017年4月13日(木)9:04

市長「高校生を勇気づけた」/手登根君、重量挙げ全国V

下地市長(右から2人目)に全国大会優勝を報告した手登根君(中央)と平良校長(右)、渡慶次監督(左から2人目)、狩俣会長=12日、市長室

下地市長(右から2人目)に全国大会優勝を報告した手登根君(中央)と平良校長(右)、渡慶次監督(左から2人目)、狩俣会長=12日、市長室

 3月25日から28日に石川県金沢市で開催された重量挙げの第32回全国高校選抜大会で男子105㌔超級を制し全国大会初優勝を果たした宮古高校ウエートリフティング部の手登根武魁(むかい)君(3年)が12日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、全国制覇を報告した。

 手登根君は同大会でスナッチ110㌔、クリーン&ジャーク138㌔とそれぞれでこれまでの自己新記録を更新し、トータル248㌔で日本一の座を勝ち取った。

 平良智枝子校長、渡慶次晃監督、狩俣勝成PTA会長とともに市長室を訪れた手登根君は「今回は渡慶次先生や周りの人の助け、支えの下で自分の試技ができ全国大会優勝という結果を残すことができた。優勝が目標だったので達成できうれしい。これからはインターハイやこの大会優勝で出場が決まった日中韓交流試合もあるので、周りの人に結果で感謝できるよう、良い記録を出して帰ってくることができるよう頑張りたい」と全国優勝の喜びと今後の抱負を語った。

 下地市長は「宮古からウエートリフティングの日本一が出たことは本人が努力した結果。しっかりと練習すれば日本一になれるということを示し、同じ高校生を勇気づける結果になった。これからも体に気を付けて頑張ってほしい」と激励した。



カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!