07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
スポーツ
2017年4月22日(土)9:07

出場1661人健闘誓う/トライ宮古島大会

JTAドームで初の開会式/戸原「自然、大地走り抜く」



出場全選手を代表して宣誓する前回覇者の戸原開人選手=21日、JTAドーム宮古島

出場全選手を代表して宣誓する前回覇者の戸原開人選手=21日、JTAドーム宮古島

 第33回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)の開会式が21日、この春落成したJTAドーム宮古島で開かれ、出場1661人が互いの健闘を誓い合った。前回大会総合優勝者で3連覇が懸かる戸原開人(28)=神奈川=は「長い一日のゴールへとあきらめることなくベストを尽くし、宮古島の美しい海を、大地を、精いっぱい走り抜くことを誓う」と宣誓。全選手を代表して熱いレースを約束した。



 レースは23日午前7時号砲。スイム3㌔、バイク157㌔、ラン42・195㌔の計202・195㌔に全選手が挑む。最終の制限時間は午後8時30分。


 開会式で、大会長の下地敏彦市長は「古里宮古島に戻ってこられたストロングマンを歓迎する」と主催者の喜びを伝えた。トライアスロンは「スポーツアイランド宮古島の代名詞」とした上で、島に集うアスリートや、ボランティアに取り組む市民に感謝を込めた。


 最後に、「思い出に残る感動のゴールを目指してほしい」と激励した。


 祝辞で鶴保庸介沖縄・北方担当相(代読)は「過酷なレースだが、宮古島の美しい自然や地域の方々との交流が原動力となり、感動あふれる大会になることを確信している」と述べ、全員の完走を期待した。


 また、翁長雄志知事(代読)は「ストロングマンの名にふさわしい卓越した力と技を発揮し、完走を目指してほしい」と述べた。


 この後、戸原が「日ごろの厳しい練習の成果を発揮して走る」と選手宣誓。全選手が呼応し、会場は大きな拍手に包まれた。


 協賛各社を代表して日本トランスオーシャン航空の丸川潔社長が乾杯の音頭を取り、「当日は最高のコンディションに恵まれ、皆さんの最高のパフォーマンスで大会が盛り上がることを祈念する」と述べた。


 開会式後はワイドーパーティーが開かれた。選手たちは郷土料理や音楽ライブを楽しみながら交流。それぞれレース当日に向けて英気を養っていた。


 今大会には国内都道府県から1540人(うち地元宮古島市は人)が出場する。海外16カ国・地域からの121人を含む1661人が限界レースに挑む。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!