06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
社会・全般
2017年5月3日(水)9:05

大型連休を楽しく

水難事故防止で海浜パト/防止推進協


海浜パトロールの参加者(右端)は海水浴客に注意喚起のチラシを配った=2日、下地島の通称中の島海岸

海浜パトロールの参加者(右端)は海水浴客に注意喚起のチラシを配った=2日、下地島の通称中の島海岸

 ゴールデンウイーク(大型連休)で本格的な海のレジャーシーズンを迎え、市水難事故防止推進協議会(会長・下地敏彦市長)は2日、市役所平良庁舎前で2017年度水難事故防止海浜パトロール出発式を行った。宮古島署(大城辰男署長)、宮古島海上保安部(久留利彦部長)などの関係者ら約40人が参加。式後、四つのグループに分かれ、伊良部下地島の通称中の島海岸や平良の砂浜ビーチ、下地の前浜ビーチなどで海水浴客らに遊泳中の水難事故防止の注意喚起チラシを配布し、安全で楽しい利用を呼び掛けた。

 同署によると、昨年の管内における水難事故は15件発生し、事故者総数19人のうち9人が死亡した。今年は4月24日現在で、水難事故は3件発生し、昨年同期と比べ2件増加している。

 出発式で、下地市長(代読)は「毎年のように海浜で事故が起こっており、その多くが島外から宮古島へ観光で来られた観光客の皆さんであるのが現状である。今後は、こういった悲しい事故が繰り返されないよう、各関係機関と連携を密にしながら水難事故防止へ向けての取り組みや啓発を強力に進めていく」と気持ちを引き締めた。

 大城署長(代読)は「県警では、水難事故防止を目的に4月28日から『いっちゃだめ 大人がいない 海と川』をスローガンに2017年度沖縄県水難事故防止運動を実施中である。海洋レジャー事業所等では、より安全で安心なマリンレジャーを提供できるよう、常に安全第一を念頭においた業務運営をお願いしたい」と協力を呼び掛けた。

 久留部長は「多くの皆様に魅力ある宮古の海とそしてその裏に潜む危険について知っていただきたい。1件でも水難事故を減らして笑顔で楽しい思い出だけを家に持って帰られるよう、活動を一緒に頑張りたい」と決意を新たにした。

 この後、各海浜でパトロールを実施した。通称中の島海岸で活動した伊良部漁協の漢那一浩組合長は「一人一人が楽しい海のレジャーを満喫してほしい」と語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!