07/24
2024
Wed
旧暦:6月18日 大安 戊 
社会・全般
2017年5月12日(金)9:02

築39年の宿舎を解体/宮糖多良間工場

新工場建設が本格始動

 【多良間】宮古製糖多良間工場の新築工事へ向け、これまで製糖期間中に、季節工の宿舎として利用されてきた宿舎の解体工事が、先月29日から始まっている。解体に伴うコンクリート塊などがダンプで運び出されている。

 この宿舎は1978年に建設され、製糖期間中は約40人が利用していた。関係者は「39年にわたり季節工の人たちが使ってきた宿舎で、多くの思い出がある。これからは新しい宿舎になるが、安全第一で工事を行ってほしい」と話す。

 新宿舎は昨年11月から着工しており、完成すると、約50人の季節工の利用が可能になるとされている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年7月21日(日)9:00
9:00

キッチンカーグルメ満喫 「 ひらりんマーケット 」

ひらりんマーケット(主催・日本観光振興協会、宮古島市)が20日、平良港内のひらりん公園で開催された。会場には、たこ焼きやかき氷などキッチンカーが6台、アクセサリーなど物販が8店舗参加し、地元住民やクルーズ船観光客らがお目当ての商品を買い求めながら交流を楽しんだ…

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!