06/25
2022
Sat
旧暦:5月27日 先勝 己 
スポーツ
2017年5月16日(火)9:06

「世界へ」比嘉にエール/ボクシング

市庁舎に巨大垂れ幕/20日夜、東京でタイトルマッチ


比嘉大吾の世界戦をアピールする4㍍四方の垂れ幕が掲げられた=15日、市役所平良庁舎

比嘉大吾の世界戦をアピールする4㍍四方の垂れ幕が掲げられた=15日、市役所平良庁舎

 宮古工業高校卒の比嘉大吾(21)が挑むプロボクシングの世界戦を盛り上げようと、後援会が15日、市役所平良庁舎に4㍍四方の巨大垂れ幕を掲げた。情熱的な背景に「比嘉大吾」の名を浮かび上がらせた。比嘉は20日夜、東京の有明コロシアムで行われる世界評議会(WBC)のフライ級タイトルマッチに挑む。対戦相手は同級王者のファン・エルナンデス(メキシコ)。

 垂れ幕は平良庁舎1階ロビーに掲げられた。後援会宮古支部ほか、比嘉が所属する白井・具志堅スポーツジム宮古島応援会のメンバーらが結集。下地敏彦市長も世界戦用の応援Tシャツを着てロビーに現れた。

 後援会宮古支部長を務める本村繁信さんは「本人がKOを宣言しており、その言葉通りになることを願っている」と世界チャンプの誕生を期待した。「けががないように自分のスタイルで頑張ってほしい」というエールも送った。

 下地市長と固い握手を交わし、共に応援することを誓い合った白井・具志堅スポーツジム宮古島応援会の下地恵茂会長は「世界戦という機会に恵まれた。大吾はこのチャンスを逃さず、世界チャンピオンになってくれるものと思う。応援をお願いしたい」と話した。

 これに下地市長は「比嘉大吾は相当な逸材。チャンピオンになってくれるものと信じている。私も最大限応援したい」と話し、後援会のメンバーらに世界戦会場での大応援を託した。

 比嘉は浦添市出身。同市の仲西中を出た後、宮古工業に進学し、元プロボクサーの知念健次さんに指導を仰いだ。その後すぐに頭角を現し、県高校選手権でフライ級2連覇。2013年には高校総体を制した。

 14年にプロデビュー。15年にWBCユース・世界フライ級王座決定戦でタイのコンファー・CPフレッシュマートにKO勝ち。16年7月には東洋太平洋フライ級タイトルマッチでフィリピンのアーデン・ディアレをKOで下し、同級王座に就いた。プロ入り後の戦績は12戦12勝(12KO)。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!