07/16
2024
Tue
旧暦:6月11日 仏滅 辛 
スポーツ
2017年6月10日(土)9:04

「沖縄に生まれて良かった」/世界王者、比嘉大吾が凱旋

WBCフライ級新王者となり凱旋した比嘉大吾選手(中央)と具志堅用高会長(左)=9日、那覇空港到着ロビー

WBCフライ級新王者となり凱旋した比嘉大吾選手(中央)と具志堅用高会長(左)=9日、那覇空港到着ロビー

 【那覇支社】世界ボクシング評議会(WBC)フライ級新王者に輝いた比嘉大吾(21)=宮古工業高卒、白井・具志堅スポーツジム=が9日正午、那覇空港に凱旋(がいせん)した。25年ぶりの県出身ボクシング正規王者を祝おうと、到着ロビーでは後援会やファンら多数が大きな拍手と歓声で出迎えた。比嘉選手は11日に宮古へ到着する予定で、パレードや祝賀会が計画されている。

 那覇空港の到着ロビーで行われた歓迎式では、JTA職員による花束贈呈が行われた。比嘉選手は「沖縄に生まれて良かった。世界チャンピオンになって(具志堅)会長やトレーナーと一緒に帰ってくるのが夢だった。これから、もっと有名なチャンピオンになりたいと思うので、応援よろしくお願いします」と喜びを語った。

 白井・具志堅スポーツジムの具志堅用高会長は「比嘉大吾をチャンピオンにさせ、一緒に沖縄に帰ってくることができてうれしい。世界チャンピオンを誕生させた実感が沸いてきた。皆さんと一緒に喜びを分かち合いたい」と笑顔であいさつした。

 比嘉選手が宮古に凱旋するのは11日の予定。同日午後1時に宮古島空港で歓迎式、午後4時からは西里通りでパレードが開催されるほか、市役所平良庁舎駐車場では「報告会」も行う。午後7時からは、ホテルアトールエメラルド宮古島で祝賀会が開かれる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!