「トライアスロン宮古島大会」 2011年4月のニュース一覧

2011年4月27日(水) 09:00 [トライアスロン宮古島大会, 地域・暮らし]

再会誓い帰途に/宮古空港

トライ選手とその家族ら


帰途につくトライ選手とその家族ら=26日、宮古空港

帰途につくトライ選手とその家族ら=26日、宮古空港

 24日に開催された第27回全日本トライアスロン宮古島大会に出場した選手とその家族らの帰省ラッシュが26日、ピークを迎え、宮古空港は来年の再会を誓う人らでにぎわった。

(全文を表示…)

2011年4月26日(火) 09:00 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

入賞者の栄誉たたえる/トライ宮古島大会表彰式

河原、塩野に大会長杯


今大会で10位以内となり表彰を受けた総合の部入賞者=25日、市総合体育館

今大会で10位以内となり表彰を受けた総合の部入賞者=25日、市総合体育館

 第27回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)の表彰式・ふれあいパーティーが25日、市総合体育館で開かれた。3年ぶり2度目の総合優勝を果たした河原勇人選手と、女子優勝は5年ぶり2度目となる塩野絵美選手に優勝盾と大会長杯、総合と女子の部10位までの選手に入賞盾が贈られた。参加者たちは入賞者の栄誉に拍手を贈るとともに、互いの健闘をたたえあった。

(全文を表示…)

2011年4月26日(火) 09:00 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

「乾杯」で再会を約束/トライふれあいパーティー

戦い終え選手交流


健闘をたたえ合って乾杯する選手たち=25日、市総合体育館

健闘をたたえ合って乾杯する選手たち=25日、市総合体育館

 「乾杯」「がんばろう東北」-。第27回全日本トライアスロン宮古島大会を締めくくるふれあいパーティーが25日、宮古島市総合体育館で行われた。前日のレースを戦い終えた選手たちは大会スタッフやボランティアと交流。宮古の伝統芸能クイチャーを踊りながら再会を約束した。参加者は口々に「大会を開催して良かった。東日本に元気を送り続けたい」と話した。

(全文を表示…)

2011年4月26日(火) 09:00 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

第27回トライ大会総括

東北に「ワイドー」のエール


選手、ボランティア、大会関係者らが被災地の早期復興願い開催された第27回全日本トライアスロン宮古島大会=24日、市陸上競技場

選手、ボランティア、大会関係者らが被災地の早期復興願い開催された第27回全日本トライアスロン宮古島大会=24日、市陸上競技場

 24日に開催された第27回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)は、大会前から出場する選手、島民、大会スタッフら関係者すべての思いは一つ「被災地に勇気と希望を届ける」大会にすることだった。大会当日も宮古島の元気と「強人」たちのパワーを被災地に送ろうと、すべての関係者が心を一つにした大会運営を心掛けた。今大会はこれまで以上にいろいろな思いの涙が流れたが、人々が痛みを分かち合いながら思いやりの気持ちで互いに勇気づけあった印象に残る大会となった。

(全文を表示…)

2011年4月25日(月) 18:41 [トライアスロン宮古島大会, 特集]

第27回全日本トライアスロン宮古島大会写真特集

第27回全日本トライアスロン宮古島大会

 

スタート前、「エイエイオー」と掛け声を上げ気持ちを高める選手たち

スタート前、「エイエイオー」と掛け声を上げ気持ちを高める選手たち

選手たちの安全を祈願しクイチャーを踊る司たち

選手たちの安全を祈願しクイチャーを踊る司たち

水しぶきを上げながら最初の種目スイム(3キロ)に挑む

水しぶきを上げながら最初の種目スイム(3キロ)に挑む

スイム(3㌔)を終えバイクへ移る選手に声援を送る観客

スイム(3㌔)を終えバイクへ移る選手に声援を送る観客

下り坂をスピードを上げて疾走する

下り坂をスピードを上げて疾走する

子どもたちもボランティアとして大活躍

子どもたちもボランティアとして大活躍

「頑張れー」「ファイトー」。鳴り物を手にメガホンで声援を送る子どもたち

「頑張れー」「ファイトー」。鳴り物を手にメガホンで声援を送る子どもたち

ナイスタイミング。バイクと併走しながら飲み物を手渡すボランティア

ナイスタイミング。バイクと併走しながら飲み物を手渡すボランティア

「がんばっぺ福島」と書かれたボードを手に声援

「がんばっぺ福島」と書かれたボードを手に声援

カボチャで作った「アララガマトウホク ワイドー」の文字が選手たちを和ませた

カボチャで作った「アララガマトウホク ワイドー」の文字が選手たちを和ませた

選手たちの頑張りにおじいさんも黙っておれない。バイクと一緒に走りながら熱い応援

選手たちの頑張りにおじいさんも黙っておれない。バイクと一緒に走りながら熱い応援

「がんばろう日本」。日の丸を振って「国民は一つ」をアピール

「がんばろう日本」。日の丸を振って「国民は一つ」をアピール

 

風を受けてペダルをこぐ選手たち

風を受けてペダルをこぐ選手たち

 

東平安名崎では満開のテッポウユリが選手たちの目を楽しませた

東平安名崎では満開のテッポウユリが選手たちの目を楽しませた

沿道に咲いた花が選手たちの一服の清涼感に

沿道に咲いた花が選手たちの一服の清涼感に

強い日差しが照りつける中、最終の種目ラン(195㌔)に挑む選手たち

強い日差しが照りつける中、最終の種目ラン(195㌔)に挑む選手たち

バイクコースの来間大橋。潮風を受けながら快調にペダルをこぐ選手たち

バイクコースの来間大橋。潮風を受けながら快調にペダルをこぐ選手たち

暑さが最後まで選手たちを苦しめた

暑さが最後まで選手たちを苦しめた

長丁場のラン。最後の力を振り絞ってゴール目指す選手たち

長丁場のラン。最後の力を振り絞ってゴール目指す選手たち

「冷たいスポンジをどうぞ」。エイドステーションでは選手と子どもたちとの交流が広がった

「冷たいスポンジをどうぞ」。エイドステーションでは選手と子どもたちとの交流が広がった

完走を願って腕にナンバーを書き入れる

スタート前に完走を願って腕にナンバーを書き入れる選手

2011年4月25日(月) 14:06 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

声援に力もらう/県女子1位 豊田京子さん

2度目の挑戦で県勢女子1位を獲得した豊田さん=24日、市陸上競技場

2度目の挑戦で県勢女子1位を獲得した豊田さん=24日、市陸上競技場

 昨年に続き2回目の出場で県勢女子1位を獲得した豊田京子さん。総合タイムで10時間30分を目標としていたが、それを20分以上、上回る記録でゴールした。「途中まで私の前に県勢女子が2人いたので、追い掛けていたら好記録になった」と話す。

(全文を表示…)

2011年4月25日(月) 14:02 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

誕生日に2重の喜び/宮古女子1位 渡邉直子さん

2回目のトライアスロン挑戦で宮古勢女子1位に輝いた渡邉さん=24日、市陸上競技場

2回目のトライアスロン挑戦で宮古勢女子1位に輝いた渡邉さん=24日、市陸上競技場

 多くの応援団と連れだってゴールインした渡邉直子さんはトライアスロン大会2回目の挑戦で、宮古勢女子トップの座を射止めた。この日は39歳の誕生日。

(全文を表示…)

2011年4月25日(月) 14:01 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

総合10位目指す/宮古1位 澤健三郎さん

宮古勢1位でゴールした澤健三郎さん=24日、市陸上競技場

宮古勢1位でゴールした澤健三郎さん=24日、市陸上競技場

 前回に続き宮古勢1位でゴールした澤健三郎さん。「気象条件も体調も良かった。ランで粘れるという成果もあった」と話した。

(全文を表示…)

2011年4月25日(月) 13:58 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

合い言葉は「あきらめない」/南相馬市出身の西内洋行さん

壊滅的な故郷に思いはせ


西内さん夫妻の笑顔は、どんな苦難にも互いに支え合いながら笑いを絶やさないことが大切と訴えているようだ=24日、市陸上競技場

西内さん夫妻の笑顔は、どんな苦難にも互いに支え合いながら笑いを絶やさないことが大切と訴えているようだ=24日、市陸上競技場

 「自分にできること、自分にしかできないことをやりたい」と話すのは宮古島トライアスロン大会の常連で常に上位争いを展開してきた西内洋行さん(35)。

(全文を表示…)

2011年4月25日(月) 09:00 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

がんずう夫婦がスターター/喜屋武盛吉・ヒデさん

「全国に元気発信を」


スターターの大役を務めた喜屋武盛吉さんとヒデさん=24日、下地与那覇の前浜ビーチ

スターターの大役を務めた喜屋武盛吉さんとヒデさん=24日、下地与那覇の前浜ビーチ

 第27回全日本トライアスロン宮古島大会のスターターとして、喜屋武盛吉さん(82)、ヒデさん(83)夫婦が24日早朝、全出場選手のスタートを告げる号砲を放った。大役を務めた2人は「選手の皆さんには、全国に元気を発信してほしい」と期待を込めた。

(全文を表示…)

2011年4月25日(月) 00:25 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

河原3年ぶり2度目V/日本勢、男女ともに奪還

1213人が完走、完走率90・1%


3年ぶり2度目の優勝を果たした河原勇人=24日、市陸上競技場

3年ぶり2度目の優勝を果たした河原勇人=24日、市陸上競技場

 第27回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)は24日、池間島、来間島を含む宮古全域をコースとしたスイム(3㌔)、バイク(155㌔)、ラン(42・195㌔)で競われ、河原勇人(33)=東京都=が総合タイム7時間45分47秒で3年ぶり2度目の優勝を果たした。


女子は塩野絵美(31)=東京都=が5年ぶり2度目の制覇。日本人選手が男女とも優勝を制した。大会には国内外から1345人が出場。制限時間内(13時間30分)にゴールした選手は1213人で、完走率は90・1%だった。


今大会は、「国民は一つ、復興に向けて被災地へ愛の手を」を掲げ、東日本大震災の復興支援に位置付け。ゴールの市陸上競技場には、選手たちと市民らが早期復興を願う横断幕を広げながら「ワイドー日本、ワイドー東北」の掛け声でフィニッシュする光景が見られた。

(全文を表示…)

2011年4月24日(日) 15:55 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

河原、10人抜きの快走/女子は塩野が貫禄V

ランレース経過


 【往路】グエンベルをトップに2位益田、3位松丸が平良中心街を抜けて城辺線に出た。5~6㌔付近の通過タイムではグエンベルと益田の差は約3分。この差は城辺比嘉付近まで続いた。


 ランでは3時間を切るのが勝負の分かれ目。6位~10位以内でランに移った菅沼や西内、河原、パクらにも十分に逆転のチャンス。


 益田は徐々にスピードを上げると保良折り返し手前でグエンベルを捉えトップに。3位松丸。


 女子は塩野と松丸がバイクに続きランでも激しいつば競り合いを演じ、いよいよ後半へ。

 【復路】益田は、折り返しを過ぎてから前半のオーバーペースがたたってか失速。グエンベル、松丸、桑原にも抜かれ優勝争いから脱落した。


 30㌔地点では桑原が一気にトップに。8秒差で松丸、1分30秒差で河原。グエンベルは4位に後退した。


 32・5㌔付近(中休み給油所)では①桑原②河原③松丸④西内⑤菅沼―で、日本勢が上位を独占。スイム、バイクを引っ張ったグエンベルはこの時点で力尽きた。


 終盤もペースが落ちなかった河原は、疲れが見えた桑原を抜きトップに立つとそのままゴールイン。11位のランスタートから10人抜きの怒濤の走りだった。2位桑原、3位松丸。


 女子は塩野が追いすがる松丸を振り切って優勝した。

2011年4月24日(日) 15:44 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会, 特集]

益田3位、グエンベルプ追走/バイクレース経過

第27回全日本トライアスロン宮古島大会

激しい2位争いを演じる松丸243とブロックヒン=24日、来間大橋

激しい2位争いを演じる松丸243とブロックヒン=24日、来間大橋

 【1周目】グエンベルは前回バイクで2位。スイムに続き得意種目とあって、序盤からスピードを緩めず後続を引き離しに掛かった。西内、前田隼矢、桑原、竹内の国内選手と、フーラー、ブロックヒンの外国人選手が集団で追う展開。

(全文を表示…)

2011年4月24日(日) 13:17 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

グエンベルが他を圧倒/女子は久保田1位、塩野12位

スイム経過/第27回全日本トライアスロン宮古島大会


スイムで圧倒的な力を発揮し1位で砂浜に上がるグエンベル=24日、与那覇前浜ビーチ

スイムで圧倒的な力を発揮し1位で砂浜に上がるグエンベル=24日、与那覇前浜ビーチ

 前回総合優勝のウルフガング・グエンベル(カナダ)が800㍍付近から集団を抜け出した。前回は西内洋行とゴールまで激しいトップ争いを演じ、わずかな差で2位。今回はスタート時から大きな体を生かしたダイナミックなストロークでぐんぐんととばした。

(全文を表示…)

2011年4月24日(日) 13:11 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

感動のドラマ、スイムでスタート/第27回全日本トライアスロン宮古島大会

午前7時、出場1347人が最初の種目スイム(3キロ)に挑む。水しぶきをあげて一斉にスタートする選手たち=24日、与那覇前浜ビーチ

午前7時、出場1347人が最初の種目スイム(3キロ)に挑む。水しぶきをあげて一斉にスタートする選手たち=24日、与那覇前浜ビーチ

 「海・風・太陽 熱き想い 君を待つ」をテーマに第27回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市ほか)は24日午前7時、与那覇前浜ビーチでスイムを皮切りにレースが始まった。


 最終出場者数は1347人。地元宮古を含む、東日本大震災の被災地・東北からも選手が参加し、スイム3㌔、バイク155㌔、ラン42・195㌔の3種目(総距離200・195㌔9)に挑んだ。


 今大会は、大震災の復興支援として位置付け。「日本は一つ」を合言葉に、「ワイドー日本」「ワイドー東北」トライアスロンの持つ力を全国にアピールした。スイムスタート時(午前7時)の気象状況は快晴、気温は17度、湿度73%、東の風1・3㍍だった。