「トライアスロン宮古島大会」 2017年4月のニュース一覧

2017年4月25日(火) 09:07 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会, 特集]

ブラウンに優勝杯/トライ宮古島大会表彰式

完走者1263人たたえる


頭上にトロフィーや入賞盾を掲げて「ストロングマン」をアピールする総合優勝のブラウン(中央)ら上位入賞者=24日、JTAドーム宮古島

頭上にトロフィーや入賞盾を掲げて「ストロングマン」をアピールする総合優勝のブラウン(中央)ら上位入賞者=24日、JTAドーム宮古島

 「海・風・太陽 熱き想い 君を待つ」をテーマにした第33回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)の表彰式が24日、同大会として初めてJTAドーム宮古島で行われた。初出場で総合優勝を飾ったキャメロン・ブラウン(44)=ニュージーランド=に大会長の下地敏彦市長から大会長杯が授与された。あいさつで下地市長は「来年も再び皆さんを歓迎したい」と述べ、完走した1263人(男1130人、女133人)の強人たちをたたえた。

(全文を表示…)

2017年4月25日(火) 09:06 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会, 特集]

来年の再会誓い乾杯/トライふれあいパーティー

互いの健闘たたえる


大会を終え、「ふれあいパーティー」で乾杯する選手たち=24日、JTAドーム宮古島

大会を終え、「ふれあいパーティー」で乾杯する選手たち=24日、JTAドーム宮古島

 23日に開催された第33回全日本トライアスロン宮古島大会に参加した選手らをねぎらうとともに、選手たちが友好を深める「ふれあいパーティー」が24日、JTAドーム宮古島で開かれた。選手たちは互いの健闘をたたえるとともに、来年の再会を誓い乾杯した。

(全文を表示…)

2017年4月25日(火) 09:05 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会, 特集]

ブラウン選手「また参加したい」/第33回トライアスロン大会

上位入賞選手 レース振り返る


会見で大会の感想などを語った(左から)コリンズ選手、アロシュン選手、ヤン選手、鷲津選手、ブラウン選手、酒井選手、ワイリーマン選手、一本松選手、パク選手=24日、JTAドーム宮古島会議室

会見で大会の感想などを語った(左から)コリンズ選手、アロシュン選手、ヤン選手、鷲津選手、ブラウン選手、酒井選手、ワイリーマン選手、一本松選手、パク選手=24日、JTAドーム宮古島会議室

 23日に開催された第33回全日本トライアスロン宮古島大会の上位入賞者記者会見が24日、JTAドーム宮古島の会議室で開かれた。総合6位、女子3位以上の選手が参加し、大会の感想などを語った。初出場で優勝したキャメロン・ブラウン選手(44)=ニュージーランド=はコース表示の細かさや沿道でのサポートなどを高く評価し「また参加したいと思わせる大会」との考えを示した。

(全文を表示…)

2017年4月25日(火) 00:01 [【特集】イベント・行事, イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会]

第33回全日本トライアスロン宮古島大会

スイム完了。ボランティアの拍手で温かく迎えられる

スタートの合図を告げる手登根君(手前左)と赤嶺さん(同右)23日、与那覇前浜

完走へ!「ワイドー、ワイドー、ワイドー」

スイムスタート。1550人余が一斉に海に向かった

スイムを終え、続々とバイクコースへ=宮古島東急ホテル&リゾーツ

炎天下、ゴール目指すバイク集団

暑さとの戦いとなった最終ラン

踊りながら熱烈な応援

激しいランレースを展開する選手ら=平良

巨岩のそばを快走し伊良部大橋へ向かう選手たち

琉球國祭り太鼓宮古支部のメンバーの声援を受けてゴールする最終ランナーの姉帯恒さん=23日、市陸上競技場

上里宗治さんは友人らに囲まれて歓喜のゴール=23日、市陸上競技場

沿道に咲く花が南国を演出

鍋のふたやギター、太鼓を使って応援する住民=伊良部

好天恵まれプレー満喫

2017年4月24日(月) 09:06 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会, 特集]

絆の再戦、笑顔で区切り/鷲津と酒井

引退、復帰レース重なる


互いの健闘をたたえ合う鷲津奈緒美(右)と酒井絵美=23日、市陸上競技場

互いの健闘をたたえ合う鷲津奈緒美(右)と酒井絵美=23日、市陸上競技場

 ライバルであり、良き親友-。現役復帰レースを制した鷲津奈緒美と引退レースで2位の酒井絵美。2人は導かれるように宮古島大会で再戦を果たし、熱いレースを繰り広げた。

(全文を表示…)

2017年4月24日(月) 00:41 [イベント, スポーツ, トライアスロン宮古島大会, 特集]

ブラウン 初出場で初V/第33回全日本トライアスロン宮古島大会

6位まで外国人が独占/女子は鷲津、3回目の頂点


女子で通算3回目の優勝を飾った鷲津奈緒美=23日、市陸上競技場

女子で通算3回目の優勝を飾った鷲津奈緒美=23日、市陸上競技場

初出場で初優勝のゴールテープを掲げるキャメロン・ブラウン=23日、市陸上競技場

初出場で初優勝のゴールテープを掲げるキャメロン・ブラウン=23日、市陸上競技場

 「海・風・太陽 熱き想い 君を待つ」をテーマにした第33回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市など)は23日、池間島、来間島、伊良部島を含む宮古全域をコースにして行われ、ニュージーランドから初参加したキャメロン・ブラウン(44)が、7時間49分10秒のタイムで優勝を飾った。外国人選手が上位を独占し、日本人は菅沼伸哉(34)の7位が最高。菅沼は県勢でも1位となった。女子は鷲津奈緒美(33)が9時間4分8秒で3回目の頂点に立った。地元勢では北海道から参加した古謝孝明(22)が総合34位、親泊昌彦(37)が47位と健闘した。約5500人のボランティアが大会を支え、市民たちは沿道で「ワイドー、ワイドー(頑張れ、頑張れ)」と声援を送った。表彰式は24日午後3時から、JTAドーム宮古島で行われる。

(全文を表示…)

2017年4月23日(日) 13:45 [トライアスロン宮古島大会, 特集]

速報・第33回全日本トライアスロン宮古島大会

感動ドラマ幕開け、スイムがスタート

1552人が出場。最初の種目スイムで水しぶきを上げて力泳する選手=23日、与那覇前浜

1552人が出場。最初の種目スイムで水しぶきを上げて力泳する選手=23日、与那覇前浜

 第33回全日本トライアスロン宮古島大会のスイム競技(3㌔)が下地前浜ビーチで午前7時にスタートした。

(全文を表示…)

2017年4月13日(木) 09:07 [トライアスロン宮古島大会]

歓迎ゲートはドームに/トライ宮古島大会

式典、登録手続きも移転/事務局は市総合体育館


トライの式典と各種手続きなどが市総合体育館から移転されるJTAドーム宮古島

トライの式典と各種手続きなどが市総合体育館から移転されるJTAドーム宮古島

 今月23日に開催される「第33回全日本トライアスロン宮古島大会」では、これまで市総合体育館で実施されていた開会式と閉会式が今月供用を開始したJTAドーム宮古島で行われる。また、これまで同体育館に設置されていたアスリートを迎える「歓迎ゲート」も同ドーム型施設の進入路に19日に設置される予定だ。

(全文を表示…)