08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2009年7月19日(日)10:08

2009年 7月12日~7月18日

カツオの大漁で盛り上げ/佐良浜かつお漁百年祭 
 佐良浜かつお漁百年祭が十一日、一本釣りカツオ漁船の大漁で幕を開けた。模擬カツオ釣り体験や爬龍舟レース大会などが催され、祝賀ムード一色に包まれた。十二日は、メーンイベントの記念式典・祝賀会が開催され、一世紀の節目を盛大に祝う。
(7月12日掲載)
 
井戸・湧水の実態調査へ/地下水有効利用で
 宮古島市は、二〇〇八年度の繰越事業、地域活性化・生活対策臨時交付金を活用して、地下水の適正保全と有効利用を目的とした井戸・湧水の実態調査を実施する。正確な分布や数、水位、利用実態などを調査する調査員を市民から公募。市の臨時職員として新規雇用し、六カ月間にわたって従事させる。肥料の施肥についての農家への聞き取り調査も併せて行う。
(7月12日掲載)
 
盛大に佐良浜かつお漁100年祭/式典と祝賀会行う
 佐良浜かつお漁百年祭の記念式典と祝賀会が十二日、伊良部漁業協同組合の荷さばき施設で行われ、漁業関係者や西銘恒三郎国土交通大臣政務官ら関係者が多数駆け付け、一世紀の節目を盛大に祝った。「おーばんまい」ではカツオ三百㌔が島民や観光客に振る舞われ、豊漁と漁業のさらなる振興発展を祈願した。
(7月13日掲載)
 
農家民泊の発展へ/「さるかの会」
 農家民泊で過疎地域の自立と活性化に取り組んでいるとして全国過疎地域自立促進連盟会長賞を受賞した「ぐすくべグリーン・ツーリズムさるかの会合同会社」の受賞祝賀会が十三日、城辺改善センター開かれた。受け入れ農家や関係者が出席。観光と農業を連動させたさらなる取り組みに決意を示した。
(7月13日掲載)
 
離島ツアー視察で来島/英国旅行社
 訪日旅行を取り扱うイギリスの旅行社の関係者が十四日、離島視察で来島した。市内の宿泊施設や観光スポットなどを回り、離島ツアーの魅力発掘に努め、商品化への道を探る。
日本政府観光局と沖縄県、沖縄観光コンベンションビューローの主催。アンドレア・クーパーさん、ユーウェン・モーアーさん、スティーブン・リッジィさんらが石垣から宮古入りし視察した。
(7月14日掲載)
 
2009年産葉タバコ買い入れスタート/質、量ともに豊作型
 宮古地区の二〇〇九年産葉タバコの買い入れが十四日、日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所で、県内トップを切ってスタートした。今期産葉タバコは天候に恵まれて収量、質ともに豊作型とされており、収量は前期比で約四百㌧増の千五百三十㌧を見込んでいる。取扱所には生産農家ら関係者が多数訪れ、鑑定の様子を見守りながら豊作に活気付いた。
(7月14日掲載)
 
補正予算13億7800万円が成立/市議会臨時会
 宮古島市議会(下地智議長)臨時議会は十五日開会し、下地敏彦市長が上程した、国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金に対応した総額十三億七千八百万円の一般会計補正予算案を全会一致で可決し、閉会した。通学路にソーラー防犯灯の設置や農道、生活道路の整備など計二十八事業を実施する。
(7月15日掲載)
 
内部委員会を設置/市新図書館
 下地敏彦市長は十六日、宮古島市の新図書館建設検討委員会を設置した。委員は、長濱政治副市長を委員長とする関係部長ら内部で構成。これまでの基本計画や建築計画を見直し、十月ごろに答申するよう求めた。下地市長は「建物にそんなに金を掛けて良いのか。図書館の機能はどれだけ蔵書を持っているかが最重点」と述べ、用地選定のほか、新築か既設建物を使用するかについての検討を促した。
(7月15日掲載)
 
県産品の優先使用を/県工業連など5団体
 県工業連合会などでつくる県産品奨励キャンペーン要請団は十六日、宮古島市や同市議会に県産品の優先使用を要請した。県が島嶼(とうしょ)地域であることから深刻な環境問題が引き起こされていると指摘し、循環型社会の形成に向けて県内で製造されたリサイクル製品の使用にも配慮を促した。
(7月16日掲載)
 
携帯ストラップが完成/「宮古まもる君」
 宮古島地区交通安全協会が交通事故防止への注意喚起のため、島内各地の交差点などに設置している「宮古まもる君」(ロボット警察官)の携帯ストラップがこのほど完成し、二十一日から宮古島警察署内にある同協会や安全運転学校宮古分校、各土産品店などで販売される。価格は四百二十円。
(7月17日掲載)
 
新館「タワーウィング」が落成/ブリーズベイマリーナ
 株式会社ユニマットリバティーの南西楽園宮古島リゾート施設「ホテルブリーズベイマリーナタワーウィング」が落成した。既存施設のブリーズベイマリーナと隣接する十一階建てで全百十五室を確保、既存施設を含む客室数は三百十室となる。十七日午後に開かれたレセプションには関係者多数が来場し、新たなリゾート開発に伴う宮古島の観光振興に大きな期待を込めた。
(7月18日掲載)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!