08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2010年6月30日(水)17:08

特異な宇宙感覚/谷川俊太郎

 「薫りも寒くほろ苦く、風にもゆらぐ孤独を支えて、誇りかにつつましく、折から彼はやってきた。若者らしく哀切に、悲哀において快活に」。三好達治の言葉に伴われて、谷川俊太郎は特異な宇宙感覚で『二十億光年の孤独』を引っ提げて登場した

 
▼ それから60年、多くの国民を魅了する詩を書き続けてきたということ、そのことが驚異である。今回、時代を切り開いてきた人物にその人の人生哲学や未来へのメッセージを聞く、NHKの「百年メッセージ」に谷川氏が登場した。いやが上にも期待は膨らんだが、やはり素晴らしく、多くの視聴者に大きな感動を与えたに違いない▼一番の印象は、氏の生活や人柄が詩に描かれた世界と一つだということである。その率直さ、純粋さ、深さ、大らかさ、謙虚さ、そして誠実さが人を引きつける▼断定的にではなく「ではないでしょうか」という言葉を何度も使った。いかなる権威にもよりかからず、自由に、未完の自覚を持って自己を変革していく姿勢がまぶしい。曲をつけて熱唱する小室等の歌を聴くときの荘厳な面持ちが印象に残る▼氏は語る。詩はいつも音楽に恋している(音は体ぐるみで入ってくる)。わかることは分けること(現実は一つ)。言葉ができて、宇宙に意味が生まれた。9.11後に書いた詩「拒む」では、「恐怖」と「憎しみ」に「饒舌(じょうぜつ)」が並んだ▼「詩の中の花には、本当の花とは違う美しさがある」と氏は書く。谷川俊太郎の詩の中に多彩な花を見つけたいと思う。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!