08/11
2022
Thu
旧暦:7月14日 友引 丙 
イベント 社会・全般
2010年7月20日(火)14:32

地域の祭り復活/城辺ふれあいまつり 

芸能大会には9団体が出演し、地域に伝わるクイチャーなどを披露した

芸能大会には9団体が出演し、地域に伝わるクイチャーなどを披露した

伝統芸能や「サムイ」にぎわう
 地域活性化を目的に、城辺ふれあいまつり(主催・同実行委員会ほか)が18日、城辺農村環境改善センターなどで初開催された。伝統芸能やサムイ大会などさまざまな催しが行われた。会場は地域住民らでにぎわい、市町村合併後に途絶えていた地域の祭りの復活を喜んだ。 
 
 ステージでは、保良のヨンシーや新城のクイチャーをはじめ、9団体が伝統芸能を披露した。保育園児や老人クラブ、婦人会なども出演し、花を添えた。会場は立ち見が出るほどの人気ぶりだった。

 伝統的な数当て遊び「サムイ」には6人が出場。畳座の特設会場で向かい合い、声を張り上げて互いの指の数を予想した。優勝した松堂寛さん(78)は「優勝できてうれしい。また来年も大会を開いてほしい」と喜んだ。
 
 芸能大会に出演した島尻元輝君(城辺中3年)は「最初は緊張したが練習通りに踊れた。久しぶりの祭りはにぎやかで楽しかった」と笑顔で話した。
 
 まつりは伝統芸能の継承、地域の連帯強化と活性化を図ることが目的。同地区地域づくり協議会の中で実行委員会を立ち上げ、準備を進めてきた。
 
 同実行委員会のセレモニーで与那覇敏一会長は「このまつりを楽しみ、成功させて次回につなぐと共に、それぞれの地域が連帯と活性で向上することを祈念する」と述べた。
 
 会場には合併前の城辺町民まつりの写真展も行われた。懐かしそうに見詰めたり、友人を発見し喜んだりする姿が見られた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!