07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
政治・行政 社会・全般
2010年9月11日(土)9:55

地下水保全をアピール/「下水道の日」ちなみ 

下地市長(右)らが買い物客らにヤブツバキの苗木などを配布し地下水保全を呼び掛けた=10日、サンエーショッピングタウン宮古前
下地市長(右)らが買い物客らにヤブツバキの苗木などを配布し地下水保全を呼び掛けた=10日、サンエーショッピングタウン宮古前

ヤブツバキの苗など配布
 「下水道の日」にちなんで、市(下地敏彦市長)は10日午後、市内の大型スーパー前で、公共下水道整備の推進、水洗化トイレの必要性、生活排水設備の公共下水道への接続をアピールした。併せて買い物客らに苗木を無料配布し、地下水保全の大切さを呼び掛けた。   
 「下水道の日」は下水道の役割や下水道整備の重要性などについて、国民の理解と関心を深めるのが目的。国が1961年に定め、今年で50年。
 
 市によると県内11市の2009年度公共下水道加入率は那覇市が99.5%でトップ。宮古島市は56.9%で9位。
 
 下地市長は「市の水道加入率は低い。今後も下水道整備を推進し、市民の理解と協力を得ながら下水道加入率の向上に取り組みたい」と決意を新たにした。
 
 この後、下地市長らは買い物客らにEM活性化液の入ったボトル200本、ヤブツバキの苗木70本、ハイビスカスの苗木30本、エコバッグ100個を配布した。またチラシを配り、下水道加入を呼び掛けた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!