07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cnet01/www/miyakomainichi/wp-content/themes/miyako-mainichi2021/single.php on line 90
社会・全般
2010年9月18日(土)9:00

2010年 9月12日~9月18日

高齢者交通安全意見発表大会/花城さんが最優秀賞

 高齢者交通安全意見発表大会が11日、平良老人福祉センターで行われ、登壇した6人が高齢者の交通事故防止や酒気帯び運転の撲滅などのテーマでそれぞれの体験談を交えながら意見を発表。交通安全を訴えた。審査の結果、交通ルール、マナーを守ることの大切さを呼び掛けた同連合会平良支部の花城愛子さんが最優秀賞に輝いた。(9月12日掲載) 


製氷冷蔵施設が完成/池間漁協、氷供給へ

 宮古島市が池間漁協南側で建設を進めていた製氷冷蔵施設が11日までに完成した。10月29日に地域挙げて落成祝賀会を開く。市が漁協に引き渡す式は月1日に予定されており、漁民への安定的な氷供給が7年ぶりに再開する。(9月13日掲載)


小、中学校で大運動会/児童生徒が一致団結

 宮古地区の10小、中学校で12日、運動会が行われた。各校の児童生徒たちが練習の成果を発揮して競走競技や演技、ダンス、組体操などを披露。グラウンドいっぱいに躍動し、応援に訪れた父母や地域住民を喜ばせた。(9月13日掲載)


保育料など580万円未納/市個別訪問実施へ

 幼稚園の入園料・保育料の滞納額が膨らんでいる。宮古島市教育委員会学校教育課によると今年9月現在の未納世帯は215件、滞納額は587万1600円となっている。学校教育課では、未納世帯への個別訪問や連帯保証人に連絡するなどして徴収態勢を強化する方針だ。(9月14日掲載)


宮古地区高齢化率22・4%/新100歳は16人

 県福祉保健部は15日の「老人の日」に伴い、宮古地区の高齢者状況を発表した。2009年10月1日現在の宮古島市と多良間村を合わせた65歳以上の高齢者数は1万2677人。総人口に占める割合は22・4%で県内の5圏域の中で最も高く、「超高齢社会」となっている。(9月15日掲載)


「空の日」南小で航空教室/JTA宮古空港所

 今月20日の「空の日」(同日から30日までは空の旬間)にちなみ、日本トランスオーシャン航空(JTA)宮古空港所が14日、南小学校で航空教室を開いた。同校6年生101人が参加し、飛行機が空を飛ぶ原理や、パイロット、客室乗務員の仕事内容を学んだ。(9月15日掲載)


村挙げて祭り楽しむ/八月踊り始まる

 多良間村で15日、国の重要無形民俗文化財に指定されている八月踊りが3日間の日程で始まった。17日まで。初日は仲筋の土原御願で行われた。プログラムは、出演者全員が顔見せする「総引き」で始まった。色鮮やかな琉装や、よろい、かぶと姿の武士たちは、見る人を古き時代に誘った。(9月16日掲載)


2億6103万円過大見積もり/市国保税当初予算

 2010年度市国民健康保険事業特別会計の当初予算で、本来は約1億8525万円であるべき一般会計繰入金の財政安定化支援事業繰入金を4億4629万円と、2億6103万円も過大見積もりをしていたことがこのほど分かった。市当局は市議会9月定例会に予算を修正する補正予算を計上。(9月16日掲載)


市と三井物産が協定結ぶ/低炭素社会実現へ

 宮古島市と三井物産は16日、低炭素社会実現のための連携と協力に関する包括協定書を締結。協定書にサインした下地敏彦市長と同社の鈴木愼プロジェクト本部長補佐は締結を祝し握手を交わした。市は今月末に委員会を立ち上げ、現在ある環境モデル都市としての行動計画の見直しを行い、二酸化炭素排出削減のために島全体で取り組むべき新たな計画を今年度中に取りまとめる。(9月17日掲載)


県教委、県天然記念物に指定/新種ミヤコサワガニ

 県教育委員会は15日、ミヤコサワガニを県天然記念物に指定した。個体数が少ないことから、今後の増殖対策が期待される。2003年指定の琉球犬などに次ぐ53件目の指定。県は、指定理由について「ミヤコサワガニは、甲殻が3㌢程度の宮古島固有種であり、渡嘉敷島産のオオサワガニに近縁と考えられている」と説明。(9月17日掲載)


新社長に安村勇氏/宮糖株主総会開く

 宮古製糖株式会社は17日、第51回定時株主総会を開き、第51期の事業報告や決算を承認した。当期の売上高は37億5195万円、純利益は1億5231万円を計上した。新里光男社長らの退任に伴う取締役補充選任では、伊良部工場長の渡久山和男氏らが取締役に選任された。その後の取締役会で、専務取締役の安村勇氏を代表取締役社長に選出した。(9月18日掲載)


関係者集い出発式/全国交通安全運動

 秋の全国交通安全運動出発式が17日、市中央公民館で開かれた。関係団体の代表者らが参加。交通安全意識の普及・浸透を図り、飲酒運転の根絶や高齢者の交通事故防止に努めることを誓った。同運動は今月21日から30日まで。(9月18日掲載)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!