08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
教育・文化 社会・全般
2010年10月26日(火)9:00

「しばる看護」廃止へ/看護師や学生らが研修

学生や看護師らによるグループワーク=25日、県宮古合同庁舎

学生や看護師らによるグループワーク=25日、県宮古合同庁舎

 「患者の尊厳(倫理)を考える-身体的拘束(しばること)の廃止に向けて-」と題した研修会(県立看護大と宮古病院看護部の協働プログラム)が25日、県宮古合同庁舎で開かれた。8人1組のグループワークでは、「なぜしばるのか」「しばらないためには?」などを議題に意見が沸騰。講演した特定医療法人アガペ会の田頭政三郎会長は「しばらないためには、患者の尊厳に対する現場や社会の意識向上と、医療、看護、介護技術の発展が求められる」と強調した


 認知症などの人をしばる看護は、患者の人権擁護の観点から世界的に問題化。日本における廃止の動きは12年ほど前から始まったが、十分には改善されていないという。
 今回の研修会は、拘束の是非を考える機会にしようと実施した。
 グループワークでは、肺炎防止などのために、一日中ひもでしばられて、鼻から栄養補給をしている認知症の女性を紹介。


 同事例をもとにした話し合いの内容発表では、「拘束解除には患者の見える時間や看護に携わる人を増やす」などの意見。「しばられても良いと考える患者はいない」、「患者の安全のために拘束はやむを得ない」-など、患者や現場の立場からの意見もさまざまだった。
 田頭会長は身体拘束の弊害として①患者の運動、生活機能の低下②人間としての誇り喪失-などを挙げた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!