07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
教育・文化 社会・全般
2010年11月17日(水)9:00

宮島小で稲の収穫祭/児童らもち作りを体験

母親たちの手ほどきを受けながらもちを作る子どもたち=16日、宮島小学校

母親たちの手ほどきを受けながらもちを作る子どもたち=16日、宮島小学校

 宮島小学校(平良隆校長)で16日、児童たちが栽培した稲の収穫祭があった。今年収穫した米は66㌔。地域の先輩や母親たちと一緒にもちを作り、収穫の喜びを味わった。


 同校の稲作体験学習は15年目となった。同校のある島尻集落で昔行われていた稲作の継承や、地域との交流などを目的にしている。
 島尻勝徳さんが、無償で貸している田んぼの面積は約330平方㍍。種子おろし(1月)、田植え(3月)、稲刈り(7月)、脱穀・精米などを経て収穫祭となった。

 上級生たちは、もちつきも体験。幼い子どもたちは、母親たちの手ほどきを受けながら、懸命にもちを作った。 今年のメニューは大福もちで、中にはブドウやバナナ、チョコレート、チーズを入れるなど工夫を凝らした。

 会食でもちを食べた子どもたちは「おいしい」と歓声。児童会長の下地真幸さん(6年)は「毎年作るのはきな粉やあんこもちだが、今年は自分たちで考えて大福を作った。とってもおいしい」と笑顔いっぱいだった。

 栽培に協力した島尻さん(土地提供者)、山内義信さん(田んぼ耕運)、阿波根正一さん(肥料提供)、喜村勇夫さん(稲作指導)ら4人に米をプレゼントした。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!