08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
教育・文化 社会・全般
2010年11月17日(水)9:00

宮島小で稲の収穫祭/児童らもち作りを体験

母親たちの手ほどきを受けながらもちを作る子どもたち=16日、宮島小学校

母親たちの手ほどきを受けながらもちを作る子どもたち=16日、宮島小学校

 宮島小学校(平良隆校長)で16日、児童たちが栽培した稲の収穫祭があった。今年収穫した米は66㌔。地域の先輩や母親たちと一緒にもちを作り、収穫の喜びを味わった。


 同校の稲作体験学習は15年目となった。同校のある島尻集落で昔行われていた稲作の継承や、地域との交流などを目的にしている。
 島尻勝徳さんが、無償で貸している田んぼの面積は約330平方㍍。種子おろし(1月)、田植え(3月)、稲刈り(7月)、脱穀・精米などを経て収穫祭となった。

 上級生たちは、もちつきも体験。幼い子どもたちは、母親たちの手ほどきを受けながら、懸命にもちを作った。 今年のメニューは大福もちで、中にはブドウやバナナ、チョコレート、チーズを入れるなど工夫を凝らした。

 会食でもちを食べた子どもたちは「おいしい」と歓声。児童会長の下地真幸さん(6年)は「毎年作るのはきな粉やあんこもちだが、今年は自分たちで考えて大福を作った。とってもおいしい」と笑顔いっぱいだった。

 栽培に協力した島尻さん(土地提供者)、山内義信さん(田んぼ耕運)、阿波根正一さん(肥料提供)、喜村勇夫さん(稲作指導)ら4人に米をプレゼントした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!