08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2010年11月23日(火)22:48

奇跡の人(行雲流水)

 光と音の世界から完全に閉ざされていたヘレン・ケラーは、すべてのものに名前があると分かったとき、「手に触るものすべてがいのちを持って震えているように思えた」と語っている




▼彼女は、世界中の人々に感動と勇気を与え、「世紀の奇跡」と言われたが、そのヘレンを限りない慈愛と忍耐を持って育てたサリバンもまた「奇跡の人」といえる


▼大江光は脳に障害を持つ知的障害者として生まれたが、適切な指導で音楽家に成長、最初にリリースしたCD「大江光の音楽」が日本ゴールドディスク大賞を受賞、伯父の伊丹十三監督の「静かな生活」の音楽で、日本アカデミー賞・優秀音楽賞を受賞するほどになった


▼父親の大江健三郎は、光が障害者で生まれたときの苦悩や、光と寄り添い、音楽的素質を見抜き開花させた体験を『個人的な体験』として作品にした。その内容の人道性や、小説『万延元年のフットボール』等の評価で彼はノーベル賞(文学)に輝いた


▼その大江健三郎は「私の一生を決めたのは歳のときに読んだ渡辺一夫著『フランスルネサンス断章』であった」と語る。平和について、「人間は、思い込みと自分らの作りだしたものの機械となって突進する─。渡辺さんはいつの世にもある不寛容に嘆息しながら、歴史を見れば寛容こそ有効だと、言い続けた」と書いている(『伝える言葉』より)


▼ヘレン・ケラーも光も大江健三郎も、ジャンルは違うが「人」の影響で開眼、自らを深化させて、社会によきものを放ち続けている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!